【チャイボーグメイク】Fiache.編集部イオリ「チャイボーグメイク」に挑戦☆~前編~

チャイボーグメイクにチャレンジビューティー
イオリFiache.編集部

こんにちは!Fiache.編集部のイオリです。Fiache.編集部企画「Fiache.チャレンジ〇〇☆」では、Fiache.編集部のメンバーが、普段と違ったメイクやスキンケアにチャレンジしていきます。
今回は透き通るような白い肌とぱっきりした陰影が特徴の「チャイボーグメイク」に挑戦してみました!😊
今回は前編です!

チャイボーグメイクってどんなメイク?

チャイボーグメイクとは、中国美人さんをイメージしたメイクです。
赤を基調としており、透き通るような白い肌とはっきりとした眉毛が印象的です。
今回はこちらの動画を参考にさせていただきました!


参考:nanakoななこ

イオリ’sチャイボーグメイク

ということで!それでは早速やっていきたいと思います💪

①まずはパックで肌に潤いを!

すっぴんの肌に潤いがなくなっていたので、パックで水分を補充します!
今回は「サボリーノ 目ざまシート ボタニカル 28枚入り」を使いました。


「サボリーノ 目ざまシート ボタニカル 28枚入り」はさっぱりめの使用感ですが、パックを外した後はみずみずしく肌が潤います。スーッとしたハーブの香りが鼻を抜け、爽快感が心地よいです!
私は柑橘系の香りが大好きなので、シトラスリーフの香りのシートを使用してます。


パック後、肌がつやつやになりました!

②ベースメイクで肌を白く仕上げる

チャイボーグメイクでは、白いブルべ寄りの肌が理想なので、肌をトーンアップさせるよう意識してベースメイクしていきます。
ベースメイクで使用したのは、

・Visee(ヴィセ) リシェ トーンアップ プライマー 化粧下地
・キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラーUV 01 ライトベージュ

まずは、「Visee(ヴィセ) リシェ トーンアップ プライマー 化粧下地」で肌をトーンアップしていきます。

無茶苦茶白くなりました笑
加減がわからず、塗りすぎた感はありますが、今回は白い方が良いのでそのままいきます!
トーンアップ下地は首にも塗って、顔が浮かないようにします。
クマやシミ、ニキビ跡などはコンシーラーで隠します。
私はトーンアップ下地を塗った後に調整したのですが、若干浮いてしまったので、トーンアップ下地の前に塗るか、うすーくぼかすのをおすすめします。

「Visee(ヴィセ) リシェ トーンアップ プライマー 化粧下地」は伸びも良く、使いやすかったです。
お値段も高くなく、コスパ◎でした!

③ファンデーションをマットに仕上げる

今回はマットめで仕上げていきます。
ファンデーションで使ったのは、

・メイベリン フィットミー リキッド ファンデーション 110(明るめの肌色)
・プリマヴィスタくずれにくい きれいな素肌質感パウダーファンデーション ベージュオークル03


マットになるように調整していきます。
私の場合は、リキッドファンデーションをのせただけだと、ちょっと艶っぽくなりすぎてしまったので、上からパウダーファンデーションを軽くポンポンして整えました。
ベビーパウダーとか、テカリを防止できるようなパウダーがあったらそっちの方が良かったのですが、お家になかったので代用です。

④しっかりとした眉毛を描く

さあ、やってまいりました。チャイボーグメイク最初の難しポイントです。
眉毛を描くときに使ったのは、

・インテグレートグレイシィくり出しアイブロー
・セザンヌ ノーズ&アイブロウパウダー02ナチュラル
・インテグレートニュアンスアイブローマスカラ
・セザンヌ ブラシ付アイブロウ ブラック


眉毛ははっきりと描くのがチャイボーグ流。色は黒の場合が多いみたいですが、今回は髪色に合わせてこげ茶よりのブラウンにしてみます!

眉は平行眉にします。
眉頭から直線に、目尻のあたりにきたらくっ!と下に折り曲げるような形になるようなイメージで描いていきます。
「インテグレートグレイシィくり出しアイブロー」でなんとなく輪郭を描き、パウダーアイブロウ「セザンヌ ノーズ&アイブロウパウダー02ナチュラル」で隙間にブラウンカラーを塗っていきます。
隙間が埋まったら、アイブロウマスカラで眉毛の色をブラウンに整え、最後に「セザンヌ ブラシ付アイブロウ ブラック」をうすーく塗ってこげ茶っぽい色に仕上げました。

私が愛用している、「インテグレートグレイシィくり出しアイブロー」▽▽
コスパと使いやすさが抜群なのでリピートしています。芯が柔らかめで、色が濃くつくので眉毛をぱきっとしたい気分の時におすすめです♪

⑤ノーズシャドウとシェーディングで陰影をつける

お次は、のっぺりした顔に影をつけてシュッと見せる工程です。
まずはノーズシャドウをのせていきます。

ピンクの線の部分に濃いブラウンパウダーをのせて影に見せます。
私は鼻が低いのがコンプレックスなので、かなり濃い目に影を描いています。

そして次はシェーディングです。

輪郭の出っ張っているところや気になる部分にがっつり影を入れて、細見え効果を狙います。
私は飛び出しているエラが気になるので、エラの部分が影になるようにシェーディングします。
こんな感じで、がつっと広範囲に色をのせていきます。
※写真は広範囲ですが、顔の両側やっています。

後編に続く!

だんだんと顔がぱきっとしてきましたね!
前編では、チャイボーグメイクのベースになる顔づくりがメインでしたが、後編では、いよいよチャイボーグメイクの「赤」のカラー要素をふんだんに使って仕上げていきたいと思います。

▽▽後編はこちらから▽▽

あなたにおすすめの記事▽▽



イオリFiache.編集部

Fiache.編集部所属の楽しいことが好きな人。特に音楽が好きで、週末は歌ったり踊ったりしてます。最近はオリジナル楽曲制作に奮闘中!

「メイク面倒くさいなあ~」と思いつつも、やり始めたら凝りたくなるタイプ。気分によってなりたい顔がコロコロ変わるので、ほぼすっぴんの日もあれば舞台メイクなみに濃い日もあります。

記事一覧へ

ビューティー
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました