【第3回】minの映画だべり部屋「コインロッカーの女」(ネタバレ・考察)

コラム
minFiache.編集部

こんにちは。Fiache.編集部のminです。
minの映画だべり第3回は映画「コインロッカーの女」についてです。
映画初心者が、好き勝手お話していくので、ゆる~くご覧ください!映画のあらすじ等にも触れていくので、ネタバレ注意です。

全体を通しての感想

この映画は、裏社会で生きている一人の女性に焦点を当てている映画で、そのラストの残酷さと救いようのなさに、心が痛んだ映画です。映画全体的には暗い雰囲気ですが、そのなかでも男女が恋心をはぐくむシーンもあるなどの緩急がついているので、のめり込んで見ることができました。しかし結構グロいシーンが多いです。血がビュービューなので血が苦手な人や、グロいのが苦手な人はやめた方がいいかも…。また主人公である、キム・ゴウンや、母親役であるキム・ヘスの演技が圧巻でした。

minFiache.編集部

いた―――い!って思うシーンが結構あった…。
でも見て後悔はしない映画!

あらすじ(ネタバレ注意!)

コインロッカーに捨てられたその女の子は、裏社会のボスである女性・ウヒの元に預けられます。コインロッカーの10番に捨てられていたことから「イリョン」と名付けられました。

イリョンが暮らしている家には、同じ様に行き場のない男女が裏社会の一員としてウヒの元で一緒に暮らしており疑似家族のようなコミュニティが生まれていました、

ウヒは、イリョンの物怖じしない性格を買い、自分の右腕として認めていました。そんなある時、ウヒは、イリョンに借金の取り立てに行くように命じます。取り立て先は、ソッキョンという青年。ソッキョンは、イリョンと同年代くらいの若者で、シェフになる夢を追っています。しかし、父親の借金を背負わせられていました。

minFiache.編集部

パパのことを信じて、お金を返し続けるソッキョンの姿がめちゃくちゃけなげ…。


夢を追い、そのおおらかで優しい性格のソッキョンに、イリョンは次第に惹かれていきます。ウヒはそれを良く思わず、ソッキョンは父親の借金を返せなかったという理由で、あえなく殺されてしまいます。
そこから、疑似家族は壊れていきます。姉も、弟も兄も全員死んでしまいました。あとは母であるウヒだけ。ウヒとイリョンの直接対決。しかしウヒはイリョンに殺されることを分かっていました。イリョンはウヒを刺したとき、ウヒからコインロッカーのカギを受け取ります。

minFiache.編集部

ソッキョンもう死んじゃうの⁉
家族も全滅やんか…。


そのコインロッカーを開けると、中にはウヒとイリョンの養子縁組を結ぶための資料が。ウヒは、イリョンに裏社会のボス、母を継がせるつもりだったのです。今までずっと一人だったイリョンに、初めてできた本当の母親。イリョンはその願いどおり、裏社会のボスとして生きていくことを決めました。おしまい。

minFiache.編集部

映画の予告です!

minの感想

①韓国映画、特有の陰湿さ

私自身、韓国映画は「陰湿な雰囲気」であったり「裏社会や下層社会」を描くのがとても上手だと思っています。パラサイトなんかもまさしくそれです。色褪せている画面の色味や、雨の音などを効果的に使用していて、リアル感をより強く感じます。韓国映画やドラマは、甘い恋愛物が多いイメージが強かったのですが、最近韓国映画の良さに気づきました。

minFiache.編集部

恋愛系だけじゃない、韓国映画!
暗い雰囲気が好きな方で、まだ韓国映画を見たことがなかったら
ぜひ見てみて!

②俳優陣の圧巻の演技力

この映画で特筆すべきこととして、俳優陣の演技力があります。特に女性陣のキム・ゴウン(イリョン)とキム・ヘス(ウヒ)。セリフが少ない中でも、表情や彼女たちから感じる雰囲気で、緊張感が倍増しています。特に、キム・ヘスの何を考えているかわからない雰囲気が、裏社会のボスとしての威圧感を醸し出しています。

minFiache.編集部

美容室のモニターでトッケビをみた時に、めっちゃ見たことある女優さんだな…。と思ったら、キム・ゴウンでした(笑)
トッケビでは、恋するめちゃくちゃかわいい女の子役だったので、その演技力の凄さに改めて驚かされました!

③ラストシーンの感想

何もかもを失ったからこそ、裏社会から足を洗い普通の女性として表社会で生きるのかと思っていたら、裏社会のボスを継ぐという結末。
きっと、イリョンはウヒを殺したとき「この世界を決別する」と決めていたんだと感じます。しかし、ウヒの気持ちを知ったイリョンは裏社会で生き続けると覚悟をしたんですね。救いようのないイリョンに、やるせない気持ちを抱きました。

minFiache.編集部

私は胸糞映画好きなので、この結末に絶望はしませんでした。←おい
イリョンには、優しい裏社会のボスになってほしいですね…!

韓国映画って最高!

暗い雰囲気や、陰湿な雰囲気が好きな人に、おすすめしたい韓国映画でした。個人的にラストは「これこれ~」ってなりました(笑)裏社会を描くときは男性が主人公であることが多いですが、この映画は、女性に焦点を置いた映画ですごく新鮮でした!韓国映画の良さを改めて感じました。次は、「もう終わりにしよう。」についてレビューします。お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました