【F.プロフェッショナル連載】監修美容師 佐藤 裕実 保存版!内巻きワンカール♡ Fiache.ヘア講座第9回♡

監修美容師佐藤裕実のF.プロフェッショナル連載ビューティー

監修美容師 佐藤 裕実がお送りするFiache.ヘア講座!第9回目の今回は、内巻きワンカールを動画にてご紹介します♡こちらはとっても簡単に女の子らしい雰囲気に仕上がるのでデイリーアレンジにもおすすめですよ!今っぽく見えるコツも解説しておりますのでぜひチェックしてみてくださいね~!

佐藤裕実Fiache.プロフェッショナル

都内サロンにて6年間勤めたのちフリーランスへと転身。現在店舗GO TODAY SHAiRE SALON 原宿Lux店にて勤務。(ご予約はインスタから!
makeとfashionのトータルバランスを大切にしています。ヘッドスパと女性らしく柔らかいまろやかなカラーが得意。お笑いと空港と星が好き。

記事一覧へ

内巻きワンカール

完成形はこちら!くるんと内巻きです♪

では、解説していきます!

まず基本的なことですがプレートの向きは外!これが大前提です!
ちなみに外巻き(外ハネ)にするときは、プレートの向きは内!逆になります!

ここからは動画にて解説していきます!何度も見て練習してみてください!

ポイント①アイロンスルーは必須!
これがあるのとないのではかなり仕上がりが変わってきます!アイロンスルーにより熱を通すことで、髪に艶がでて柔らかく見えることと少し丸みがつくのでナチュラルなシルエットに仕上げることができます♡ブロッキングした下段は、上段にかぶさりあまり見えなくなってしまうので基本的にはアイロンスルーはしなくてもOKなのですが、くせ毛が気になる人は下段もアイロンスルーしてあげた方がまとまり良く見えます!

ポイント②力を抜いてみよう!
基本的には、’巻く’というよりも、アイロンで髪を内巻きに挟んで熱を’通す’のがポイントです。’くせづけよう’’巻こう’と意識しすぎず、自分が思っているよりも短い時間でアイロンを当て、力を抜いてやってみてください。逆にアイロンを当てている時間が長く、力をぎゅーっと当ててしますとカクカクしたプレートの癖が髪についてしまったり、古くさい印象になってしまいます!

仕上げ♡
オイルをサラッと馴染ませて艶を出してあげると良い感じ♪片方だけ耳にかけてあげても動きが出ていいですね♡今トレンドの太めカチューシャとも相性ばっちりです!

いかがでしたか?時間のない朝にも簡単にできるのでおすすめです!ぜひマスターしてみてください♡今日もみなさんがキレイでいられますように・・・!次回またお会いしましょう!



ビューティー
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました