一人旅!誰に頼んでも素敵な写真に仕上がるコツ

ビューティー

一人旅中、風景や自撮り(セルカ、セルフ写真)ばかりではなく、誰かに写真を撮ってもらいたい時、失敗せずどうしたら素敵な写真が撮れるのでしょうか?今回は一人旅中、誰に頼んでも素敵な写真が撮れる方法をお伝えします!



一人旅!誰に頼んでも素敵な写真が撮れるコツを教えて!



構図を決めてお願いしよう


一人旅中、観光地などで知らない人に写真撮影をお願いするとき、構図を決めて撮影をお願いすると、簡単に素敵な写真が撮影できるようになります。写真を撮る相手にこの位置からお願いしてもいいですか?、〇〇を全部入れて写真を撮りたいです!など、希望やカメラ位置まで決めて撮影をお願いすると、何を求めているのかが分かりやすく、お願いされた方も、これでいいのかな?と迷ったり、不安を抱くことなく、すんなりと撮影タイムに移行することができますよ。

誰に頼んでも素敵な写真が撮れるコツ

①構図を決める


実はとっても奥が深い構図。構図が変わるだけで、出来上がりの写真の印象もガラっと変わります。縦?横?写真の中に入れたい背景やメインとしたいオブジェ、またその中で自分はどこに立ちたいか?などを決めて、撮影をお願いするといいでしょう。自分が撮影して欲しい場所に立ち「ここからお願いします!」というと分かりやすくて撮影する方も撮りやすくなりますよ。

②撮影枚数を事前に伝えよう


いくつか別の構図の写真が撮りたい時、また同じ場所でも自分のポーズを変えて撮りたい等、複数枚写真を撮影したい場合は、撮りたい枚数や複数枚撮りたいことを伝えておくといいでしょう。人の価値観や考え方はそれぞれ。撮ってくれる枚数も人それぞれなので、ある程度伝えておくとスムーズに撮影が進むでしょう。

③撮り直しを恐れない


今は撮影した写真をその場ですぐに確認することが多いですが、撮ってもらった写真がイメージと違う時は、撮り直しをしましょう。もし何度もお願いすることに抵抗感がある人は、別の人に撮影してもらうのも一つの方法です。撮影をOKしてくれる人は、いい人が多く、撮り直しにも応じてくれることも多そう。撮り直しのコミュニケーションの中から人との出会いや会話が生まれたり、旅の醍醐味が味わえるかも。

④他の人の写真を撮影してあげる


観光地など、撮影スポットといわれるような場所では、あなた以外にも写真撮影している人がいる場合があります。そんな時は、他の人の写真を撮影をしてあげましょう。撮影してあげることで、こちら側も撮影をお願いしやすくなり、コミュニケーションも生まれます。進んで撮影してあげましょう。

監修:杉山明子
オーラ美人研究家/美脚ポージング講師
1秒で見た目が変わる!美脚ポージング講座・オーラ全開プログラム・インフルエンサーコースなどオリジナルメソッドにて『年齢や環境を超えて自分を表現する楽しさ』を伝え『自信に満ち溢れ、エネルギッシュで、人生を楽しむ人を増やす』活動を全国で展開。
デトックスサロン Sharehapy を運営。

ビューティー
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました