顎に集中して出来るニキビを予防するオススメの方法BEST10!!

顎ニキビを予防するおすすめ方法⑥ビューティー

顎ニキビは、目立ちやすくて気になりますよね。しかも、せっかく治ってもぶり返すことが多く、憂鬱になってしまう人も多いでしょう。今回は、顎ニキビの原因とケア方法を10コ紹介していきます。

1位:泡洗顔をする

顎ニキビができてしまったら、まずは患部を清潔にすることが大切です。そのため、ぬるま湯で表面のホコリなどを落とし、泡立てた石鹸で優しく洗顔しましょう。泡は汚れを吸着するので、強く擦らなくても洗浄することができます。また、洗顔料が皮膚に残ると肌荒れの原因になるので、すすぎは念入りに行うことが大切です。終わったら清潔なタオルで顔全体を覆い、擦らずに水気を取りましょう。

2位:保湿をする

顎ニキビの周囲は、外部の刺激に敏感になっています。そのため、保湿をして患部を保護することが大切です。化粧水のみでは、長時間潤いをキープするには不十分なので、必ず乳液やクリームも付けて乾燥を防ぎましょう。その際、手を温めてから少量ずつ重ね付けすると、浸透力が上がり保湿効果も高まります。また、みずみずしい健康的な肌に導くことで、新たなニキビができにくくなる効果もあるのでおすすめです。

3位:水を飲む

顎ニキビができる原因の一つが基礎代謝の低下です。代謝が落ちると肌に老廃物を溜め込むので、ニキビの原因になってしまいます。しかし、水を飲むことで、溜まった老廃物を流すことができるため、根本的な改善が見込めるのです。ただし、お茶やコーヒーには利尿作用があるので、水分も一緒に流れてしまいます。そのため、体内に必要な水分を留めて代謝を高めるには、水の方が適しているのです。

4位:お風呂に入る

顎ニキビは、体内の新陳代謝を高めることで、早く治すことができます。代謝を上げる方法の一つが入浴です。体が温まると、汗が出て毛穴が開くため、顎ニキビの老廃物が排出されやすくなるのです。また、余分な皮脂も流れるので、ニキビが増えるのを防ぐことにも繋がります。38度くらいのぬるめのお湯に10分ほど浸かり、体の芯から温まることで、質の良い汗をかくことができるのでおすすめです。

5位:睡眠をとる

肌のターンオーバーは、睡眠時に最も活発に行われています。そのため、十分な睡眠時間を確保することで、肌の生まれ変わりを早め、顎ニキビを治すことが可能です。それに、新陳代謝が良くなるため、老廃物が蓄積せず、ニキビができにくくなります。特に22時〜2時までは、成長ホルモンの働きが最も活発になるので、夜更かしは控えめにしましょう。また、パソコンやスマートフォンのブルーライトは、脳を活性化して寝つきが悪くなるので、就寝前には見ないことをおすすめします。

6位:食物繊維を摂る

便秘は、体内に有害物質を発生させて肌を刺激し、顎ニキビを作る原因になります。そのため、便秘を防ぐことで、ニキビができるリスクを減らすことができます。特に、海藻や大豆製品などの食物繊維には、腸の働きを活発化し、便秘を改善する効果があります。例えば、乾燥わかめを味噌汁に加えたり、納豆をご飯にかけたりするなど、毎日の食事に手軽に取り入れると続けやすいのでおすすめです。

7位:ストレスを溜めない

ストレスは、肌の免疫力を低下させるため、ニキビ菌が増殖しやすくなります。それに、皮脂を分泌する男性ホルモンが活発化するので、肌がベタつきやすくなるのです。ストレスを解消すれば、ニキビ菌が減り、皮脂の過剰分泌も防ぐことができます。そのため、ストレスは溜め込まずに、その日のうちに発散することが大切です。好きな音楽を聴いたり、スポーツをするなどして、ストレス発散を心がけましょう。

8位:枕を清潔にする

枕は睡眠中、常に顔や頭と接しているため、放っておくと雑菌が繁殖しやすくなります。汚れはニキビの大敵です。そのため、枕の上にタオルを敷き、毎日交換するなどして枕を清潔に保ちましょう。また枕は、ときどき日光や風に当てることで、カビやダニを予防することができます。特に、顎ニキビができた場合には、肌の免疫力も落ちているので、汚れに触れて悪化させないように気を付けましょう。

9位:リンゴ酢を飲む

リンゴ酢には殺菌作用があるため、肌の雑菌を除去する働きがあります。また、肌のpH値を整えるので、ニキビができにくい健康的な肌へと導きます。それに、リンゴ酢に含まれるベーターカロチンは、体内でビタミンAに変わり、肌のターンオーバーや皮膚の修復を促します。そのため、できてしまった顎ニキビの治癒を早めることが期待できます。リンゴ酢は、そのまま飲むと、強い酸で胃腸が荒れてしまうので、炭酸や水で割ると飲みやすくておすすめです。

10位:有酸素運動をする

運動不足は、血行が悪くなり基礎代謝が下がります。そのため、老廃物が滞りやすくなり顎ニキビの原因になります。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、血管の隅々まで酸素を送り血流を増やします。そのため、新陳代謝が良くなり、顎ニキビの改善に効果があります。また、汗をかくことで、毛穴の皮脂が排出されるので、ニキビ予防にも有効です。まずは、散歩やストレッチなどから始めて、毎日の習慣に運動を取り入れることをおすすめします。

ビューティー
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました