【肌質タイプ別】肌に優しい!敏感肌さんでも安心して使える、オススメのクレンジングタイプはどれ??

ビューティー

敏感肌は肌のバリア機能が弱まっているため、クレンジング料も肌への負担が少ないタイプの製品を選ぶことが大切。ここでは敏感肌の方にオススメなクレンジングの種類を紹介します。



敏感肌でも安心して使えるクレンジングタイプは?



ミルクタイプのクレンジング

敏感肌には、肌への負担が少ないミルクタイプのクレンジング料がオススメ。ミルクタイプは洗浄力も強すぎないため、刺激に敏感でデリケートな肌でも安心して使用しやすくなっています。テクスチャーも滑らかで伸びが良い製品が多く、摩擦も少なめに抑えやすいです。リップ用やアイメイク用のリムーバーと併用することで、きちんとメイクを落としつつ、肌への刺激も最小限にすませることができます。

おすすめしたい3つの理由

①肌がつっぱりにくく、潤いも保ちやすい

ミルクタイプのクレンジング料はオイルの配合量が多すぎないため、使用した後のつっぱり感も少なめです。洗浄力が優しめなのでクレンジングの際の肌への負担も少なく、潤いを保ちながらメイクを落としやすくなっています。皮脂を落としすぎることもないため、肌のバリア機能も損ねにくいですし、乾燥もしにくいです。普段からナチュラルメイク派の方にも向いています。

②敏感肌にも優しい滑らかな使用感

敏感肌の方が化粧を落とす時は、強い力で肌をこすらないようにすることが大切。ミルクタイプのクレンジング料なら肌の上でするりと伸ばしやすく、余計な力も不要で、結果的に肌への刺激を少なくすることができます。滑らかな質感の製品が多いため、優しく指を滑らせるだけで顔中に塗布することも可能なんです。製品の使用方法に書かれている量を守って使うことで、よりきちんとメイクを落としやすくなりますよ。

③毛穴のケアや肌を柔らかくしたい時にもぴったり

頬の毛穴などが気になる場合は、クレンジング料を手で優しくマッサージするようにして、気になる部分になじませてから洗い流すのがオススメです。マッサージをする時は、まず初めにクレンジング料を通常のクレンジングと同じように顔中に伸ばし、その後にマッサージをすると良いでしょう。このタイプのクレンジング料は肌への刺激も少ないので、マッサージをしても肌トラブルに繋がりにくいです。また、界面活性剤の配合量も控えめなので、洗いあがりもさっぱりしすぎず、柔らかな肌に仕上がりやすいというメリットもあります。

ビューティー
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました