眉毛を抜かずに好きな形に整える方法は?

ビューティー

眉毛の形一つで、顔の印象は大きく変化します。綺麗に整えることで顔全体が美しく見えるのです。今ある眉毛を残しながら綺麗な形に整えるには、コンシーラーを使った方法がオススメです。



眉毛を抜かずに好きな形に整える方法は?



リキッドタイプのコンシーラーを使ってみよう

眉毛を剃ったり抜いたりすると、眉の周りが青くなったり毛穴が目立ったりするのが気になります。しかしコンシーラーを使用すれば、眉毛の処理をせずに理想の形に仕上げることができるのです。リキッドタイプのコンシーラーは皮膚と眉毛にしっかりと馴染むので、隠したい部分を綺麗に消すことができます。塗っただけでは違和感が出てしまうので、必ずパフなどを使用して肌に馴染ませて自然な感じに仕上げましょう。

コンシーラーを使うメリット

元々の眉毛の状態を保てる

眉毛を抜いて整えていたら生えてこなくなってしまった、眉カットに失敗して元に戻るのに時間がかかるなどのトラブルがなくなります。

日によってテイストを変えられる


元の眉毛を保つからこそ、細眉や平行眉などその時の流行や気分によってテイストを変えることができます。

使い方のコツ

参考:Hitomi

コンシーラーはパフで馴染ませることで、浮くことなく自然に仕上がります。
コンシーラーを使用する前にアイブローで簡単に眉を描いておくと、その後の作業が簡単です。
目と眉の距離を近づけたい場合は、眉の上側を消して眉下を書き足します。これによって、外国人風の顔立ちに近づけることができるでしょう。眉の下側にコンシーラーを塗って形を作ると、眉だけでなく眉下部分の肌が明るくなるので立体感が生まれます。ハッキリとした眉毛の形に仕上げたい人にオススメです。

コンシーラーの選び方


リキッドタイプは筆で簡単に描けるので、手間も時間もかからず便利です。様々な種類がありますが、眉毛メイク用なのでそれほど高いカバー力は必要ありません。書きやすさや肌に馴染む色味などを重要視すると良いでしょう。プチプラ化粧品の中にもリキッドタイプのものが豊富にあります。いくつか試してみるのも良いですね。
スティックタイプのコンシーラーで眉毛を整えることも可能ですが、テクスチャーが固めなので自然に仕上げるには練習が必要になりそうです。

タイトルとURLをコピーしました