何度も繰り返しできる厄介な吹き出物に効果的なスキンケア方法は?

ビューティー

フェイスラインに繰り返し出来る吹き出物やニキビに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。放置すると悩みは深刻化しますので、効果的なスキンケア方法を知り、積極的に試してみましょう。



何度も繰り返しできる厄介な吹き出物に効果的なスキンケア方法は?



徹底的な保湿を心がけて!


何度も繰り返し出来る厄介な吹き出物やニキビを減らすのに効果的なスキンケア方法と言えば、徹底的な保湿ケアです。フェイスラインに出来る吹き出物やニキビは、額や鼻などのTゾーンに出来るものとは異なります。Tゾーンに出来るものは皮脂の過剰分泌が主な原因となりますが、フェイスラインに出来るものは乾燥が原因となります。保湿ケアで肌にたっぷりと潤いをチャージすれば、角質のバリア機能の向上によりターンオーバーが促進され、吹き出物やニキビが出来にくい肌になれます。

保湿ケアのメリット

保湿ケアで対策をすることのメリットとしては、角質のバリア機能が高まりフェイスラインに出来る吹き出物やニキビを根本から撃退することが出来る、ターンオーバーが活発になり肌細胞の再生もスムーズになるなどがあります。ターンオーバーが促進されることで、ニキビ跡も解消させることが出来ます。ニキビ跡対策として美白ケアをしたときに、美白化粧品に含まれる有効成分が作用しやすくなるからです。肌細胞の再生が早まることで、美白効果を実感しやすくなります。保湿を徹底して肌の乾燥を防ぐことが、予防のケアと改善のケアの両立につながります。

保湿ケアの具体的な方法

保湿ケアの具体的な方法についてですが、洗顔後は化粧水をつける前にブースター化粧品といわれる導入美容液を使用すると、より角質が柔らかくなり、化粧水の浸透力を高めることが出来るのでオススメです。ブースター化粧品を使用することで角質層の奥深くまで潤いが行き渡り、保湿の底上げになります。化粧水は、ハンドプレスでたっぷりと二度づけしたり、コットンやシートマスクを用いてしっかりと馴染ませたりすると、肌の内側まで潤いで満たされます。化粧水をつけた後に保湿美容液をプラスすれば、潤いキープ力が高まります。保湿ケアの最後は、潤いが逃げないようにするためにクリームや乳液で蓋をして仕上げましょう。

体の内側からも保湿ケア

化粧品による物理的な保湿ケアに加えて、サプリによる内側からの保湿ケアをすれば、ダブルのアプローチによる相乗効果が期待出来ます。サプリで摂取した方が良い成分は、コラーゲンやセラミドなどがオススメです。コラーゲンやセラミドは肌の潤いを保つためには欠かせない成分です。もともと肌に存在する成分ですが、20代後半頃から徐々に減っていきますので、積極的に補う必要があります。ダブルの保湿ケアで吹き出物やニキビの無い健やかな美肌に導きましょう。

タイトルとURLをコピーしました