面長さんが小顔に見えるチークの入れ方のコツは?

ビューティー

顔の形が面長で悩んでいるそこのあなた!その悩みはメイク方法一つで解決できるんです!そこで、今回は面長さんが小顔に見えるためのチークの入れ方についてご紹介いたします!



面長さんが小顔に見えるチークの入れ方のコツは?



横を意識して楕円形に塗る!

より小顔に、より縦の印象を和らげるためには、練りチークを横に塗ることです。ファンデーションを塗ってアイメイクなどをしたら、ニコッと笑って頬が盛り上がった部分にチークを入れるだけです。指に少しだけ練りチークを取って、頬にスタンプのように押していきます。スポンジなどでぼかして完成です。頬骨を強調するような斜めに入れるチークは避けます。内側に寄るように塗れば可愛らしく、外に向かって伸ばせば大人っぽく仕上がります。

チークを塗るときのポイント♪

① 楕円形を意識する

チークを塗るときには楕円形の形を意識します。面長の人は縦の面積はあるのですが、横の面積が他の顔型よりもありません。ですから楕円形にチークを塗れば横幅が増えたように感じて、面長の印象を薄くしてくれるのです。目頭の下の部分から眉尻くらいの幅を意識して馴染ませるのがコツです。

② 顔の下が長いときには少し下に

顔の下半分が長い人が上の方にチークを入れてしまうと縦の長さが強調されてしまい、面長の印象を強めてしまうことがあります。おでこが狭くて頬や顎が長いタイプの面長であれば、目安となる頬骨よりも下の位置にチークを加えます。下の方に目線が集まるようになり、頬や顎の長さが感じられなくなるのです。

③ 練りチークで立体感を出す


パウダータイプのチークよりも顔馴染みがよく、頬の内側から上気したような可憐な頬を作れるのが練りチークです。塗ると艶が出てくるので立体感が生まれ、塗った部分が高く見えます。面長の人にありがちなのっぺりした顔立ちが解消されて、顔の立体感が出るので小顔になるのです。さらに立体感を出したいときには頬骨の下にブラウンでシューティングを入れると頬がふっくらします。

④ キュートに仕上げたいときとクールに仕上げたいとき

キュートな印象にしたいときには色はピンクやローズなどを選び、ひし形にチークを足します。頬がぽってりとしたイメージになり、自然に影も出来るのでおすすめです。クールに見せたいときにはオレンジやベージュのカラーを選んで、顔のサイドの部分にくの字に入れるのがポイントです。サイドに入れるとシェーディング効果も生まれ、顔が一回り小さくなります。

タイトルとURLをコピーしました