二重さんが切開ラインを下向きに入れるとどんな印象になるの?

ビューティー

同じ二重であっても、目の形によって印象は変わるもの。もっとかわいらしくふんわりとした目になりたい!そんなときは、切開ラインを下向きに入れてみるのはどうでしょうか。



二重さんが切開ラインを下向きに入れるとどんな印象になるの?



目が丸くナチュラルでありながらかわいらしい印象に!


切開ラインは、アイラインを使って目頭にちょっとだけ線を引くもの。たったそれだけなのに目が大きく見える効果があるといわれています。中でも下向きに切開ラインを入れると、目が丸くナチュラルでありながらかわいらしい印象になります。特別なものを買う必要もなく、手持ちのアイラインでいつものメイクに少しラインを足すだけ。簡単に第一印象を変えることができるテクニックです。

二重さんが下向き切開ラインを入れるメリット♪

二重さんが柔らかい印象の目にしたいのなら、下向きの切開ラインがおすすめ。その理由を紹介します。

① とにかく簡単

切開ラインの引き方には、横向きと下向きの2種類があります。言葉通り、目頭から横に向かってラインを引く横向きに対して、下向きの切開ラインは、目頭から下に向けてちょこんとラインを引きます。下向きの切開ラインは、目の輪郭に沿って書き足すだけ。だから横向きの切開ラインに比べると、比較的、書くのが簡単です。最初は失敗することもあるライン引きですので、簡単なのは嬉しいですよね。

② 二重だとより下向きに書きやすい


二重の場合はまぶたがかぶさらないので、ライン自体が引きやすいですよね。下向き切開ラインを引くときにも、いつも書いているアイラインを延長して書くだけなのでより簡単です。にじんでしまうことも少ないと思いますので、失敗することも少ないのではないでしょうか。

③ ナチュラルな印象になる

「アイメイクをすると目力が強くなりすぎる」そういう悩みを持っている二重さんもいるかもしれません。はっきりとした目は女性の憧れではあるものの、きつい印象を持たれてしまうこともあります。そんなとき下向きの切開ラインを入れると、強調しすぎない優しいイメージにしてくれます。

④ 目が大きく見える

切開ラインの最大のポイントは何といっても、「もう少しだけ目が大きかったらなぁ」を簡単に叶えてくれるところ!切開ラインを引くことでデカ目効果が発揮され、いつもよりも目をぱっちりとさせることできます。

タイトルとURLをコピーしました