【口周りの産毛】肌を傷めずに処理する方法を教えて!

ビューティー

口周りの産毛は、どのように処理をしていますか。皮膚がデリケートな部位ですので、方法によっては肌を傷めてしまうこともあります。今回は、肌になるべく負担がかからない処理の方法をご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。



【口周りの産毛】肌を傷めずに処理する方法を教えて!



顔剃り専用の、電動シェーバーで剃る

おすすめの処理方法は、女性の顔剃り用として市販されている電動シェーバーで剃ることです。処理をする間隔は、なるべく週に1回くらいまでにしましょう。洗顔後の清潔な肌を整えてから行います。また、入浴後のやわらかい肌になっているときがおすすめです。剃るときのポイントは、毛流れに沿ってシェーバーを上から下に動かすこと。また、鼻の下、下唇の下はくぼみがあるため、皮膚を伸ばすようにして剃るようにしましょう。

この剃り方のメリット

口周りの産毛に女性の顔剃り用電動シェーバーをおすすめする理由として、3つのメリットを解説します。

①肌への負担が少ないシェーバーだからおすすめ

女性の顔剃り用に作られたシェーバーです。肌になるべく負担がかからないよう考えられた製品になっています。濃いひげに使用する男性用シェーバーのように深剃りになることがなく、やさしく肌の上をすべらせるだけで処理できます。せまい部分も剃りやすいヘッドになっているため、口周りの気になる産毛も剃りやすいです。なるべく肌に負担をかけずに使えますが、処理後の保湿はしっかりと行いましょう。見た目にはわからなくても、剃ることによって角質まで削り取ってしまうこともあります。乾燥しやすくなり肌トラブルを招くこともあるため、保湿を心掛けるように気をつけましょう。

②剃ったあとの毛が太くなったように見えにくい

1本の毛をよく見ると根元が太く、毛先に向かって細くなっています。生えている毛を剃るということは、毛先よりも太くなっている部分を剃ることです。剃ったあとに毛先になる部分は剃る前よりも太く、毛が濃くなってしまったように見えることもあります。女性の顔剃り用シェーバーなら剃った断面が大きくなりにくいため、処理後の毛が目立ちにくいというメリットもあります。

③気になるときに手軽に処理できる

なるべく肌がやわらかい入浴後の処理がおすすめですが、持ち運びやすいため気になるときに使えることもメリットです。化粧ポーチに入れて持ち歩き、外出先でも使うことができます。口周りの産毛はふわふわとして見えにくく、処理を忘れがちになる方もいるでしょう。明るい照明や太陽の光を浴びたときにだけ産毛が見えてしまい、ふわふわとした毛が気になることもありますよね。そんなときも、シェーバーがポーチに入っていると安心です。女性用ですのでシンプルなデザインのものが多く、マスカラなどのメイク道具と一緒にポーチに入れても違和感がありません。

タイトルとURLをコピーしました