静電気によるダメージヘアのケア方法を教えて!

ビューティー

冬になると気になる静電気。痛いだけではなく、ダメージヘアの原因にもなる厄介者です。静電気の原因は、「乾燥」です。潤いをチャージして、美髪に近づくケアを試してみませんか?



静電気によるダメージヘアのケア方法を教えて!



トリートメントキャップを使ってみて♪


静電気による髪のダメージには、髪の保湿が必要です。そこでおすすめなのが、「トリートメントキャップ」です。100円ショップなどでも購入できます。使い方は簡単!シャンプー後、トリートメントを馴染ませた髪を軽く絞って、そのままかぶるだけ。キャップの反射熱と閉じ込められた蒸気の効果で、トリートメントの浸透を助けてくれるんです。かぶったまま顔を洗ったり、湯船に浸かったりすればより、浸透力がアップしてダメージ知らずに近づくはず!

なぜ、静電気がダメージヘアに繋がってしまうの?


それは、静電気によってキューティクルが損傷してしまうからと言われています。とは言っても、セーターを着たり、ドライヤーをかけたり、静電気は日常生活で発生してしまうものです。生活をする上で静電気を防ぐことが難しいのであれば、ヘアの保湿ケアを徹底しましょう!トリートメントキャップは、お手軽にダメージを軽減するにはもってこいのアイテムです。

トリートメントキャップのメリットとは?

① 手持ちのトリートメントで簡単ケア


オイルや少しお高いヘアケア用品など、ダメージヘアのケアにはお金がかかるイメージもあります。一方、トリートメントキャップは安価な上に、自分にあった家庭にあるトリートメントで、すぐにケアを始めることができます。始めやすいのが魅力的ですね。継続をすればより、効果を感じられそうです。

② 効果を実感しやすい


トリートメントキャップのヘアケアは長く続けるほど、効果を感じやすいですが、ケアをしたその日からも潤いを感じやすいケアの一つです。あしたはデート!なんていう日の応急処置としても活躍しそうですね。手軽に取り入れられるケアなので、ぜひ続けてみてください。継続すればするほど髪の潤いを感じやすくなって、美髪への道が開けるかもしれません。

③ ながら美容も実現可能

トリートメントキャップをかぶっている間は、まさに美容時間!顔にかかる髪の毛もないのでパックするのも良し、たまにはゆっくりとアロマを焚きながら半身浴をするのも良し、美容時間のアレンジは自分次第です。おしまいにキャップをとったときには、髪の毛も潤って、ヘアケアも完了です。一石二鳥以上のものが得られますよね。

タイトルとURLをコピーしました