肌(皮膚)の薄い人は肌トラブルも起こりやすい!?そもそも肌が薄いとは?

ビューティー

肌の薄い人の特徴として、なかなか分かりにくいのですがじっくり見ると、目の下の血管がうっすら透けて見えることが挙げられます。つまり本来、肌を守って保湿する機能がある角層が薄いので、肌トラブルが起こりやすいです。そこで、ここでは肌の薄い人が気をつけたい肌トラブルを紹介していきます。



肌(皮膚)の薄い人が気を付けたい肌トラブルって何?



紫外線などの外部からの刺激による肌の乾燥やシワ!

肌が薄い人の場合、肌の乾燥やシワができやすいので注意する必要があります。そもそも肌が薄いと、紫外線などの外部からの刺激から守ってくれる角質層も薄いです。そのため、バリア機能が低いことから肌の水分量が低下しやすく、肌の乾燥やシワが発生してしまいます。さらに、紫外線の影響を受けると肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸が破壊されてしまうため、肌のハリが保てなくなります。

乾燥やシワなどの肌トラブルを予防する方法は?

① 優しく洗顔しよう

肌が薄い人は外部からの刺激を受けやすいので、洗顔の際は優しく汚れを落とすことが大事です。汚れをよく落としたいからと言って、力を入れてゴシゴシと洗顔する人は少なくありません。それだと、肌を傷つけてバリア機能をますます低下させることになります。したがって、泡立てネットを活用して洗顔料をしっかりと泡立ててから、泡で顔の汚れを落とすようにして洗うようにしましょう。また、洗顔料を落とす際はぬるま湯を使うこともポイントです。その理由は、熱いお湯で落とすと肌に潤いを与える皮脂まで一緒に洗い流すことになるからです。すると、肌が乾燥して肌荒れの原因になるので気をつけましょう。

② 洗顔後は保湿ケアが大事

洗顔をした後はすぐに化粧水やクリームなどで保湿ケアを行いましょう。肌が薄い人は潤いを保つことが難しいので、洗顔後にすぐにケアしないと乾燥が加速していきます。したがって、顔を洗ったらすぐに保湿性の高い化粧水で肌に潤いを与えるようにしましょう。肌に化粧水を塗布する際は、必ず優しくハンドプレスをして丁寧になじませることがポイントです。肌をこするように塗布するとダメージを与えるので、気をつける必要があります。そして、化粧水の後は、水分が蒸発しないように忘れずにクリームでケアしていきましょう。

③ 紫外線対策が肝心

肌が薄い人は、外出時には紫外線対策を忘れてはいけません。外部からの刺激に敏感なので、紫外線に当たると乾燥しやすくなるからです。よって、日焼け止めはもちろん日傘や帽子などを活用して上手に紫外線対策を行いましょう。紫外線は1年中ずっと降り注いでいるため、季節に関係なく必ず行うようにしましょう。

ビューティー
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました