【徹底解説】気になる小鼻の赤み…。どうして赤くなるの?原因を知って赤みをなくそう!

ビューティー

小鼻の赤みにコンプレックスを感じている人は意外と多いものです。小鼻の赤みは、「肌荒れ」や「赤ら顔」など顔全体に大きな影響を及ぼします。そこで、ここでは小鼻の赤みの原因と対策について詳しく説明していきます。



どうして小鼻の回りが赤くなるの?



こすりすぎなどの、「外的炎症」が原因

小鼻が赤くなる最大の原因は、炎症によるものです。そもそも小鼻というのは顔の中でも皮脂の分泌が盛んなので、毛穴に皮脂が詰まりやすいです。そのため、クレンジングや洗顔の際にゴシゴシと擦って刺激を与えることで炎症が出やすいのです。また、赤みをコンシーラーでカバーする方も多く、皮脂に化粧品が混ざって酸化することで炎症の原因にも繋がります。

小鼻の赤みを根本から防ぐには?

①洗顔やクレンジングで刺激を与えるのは厳禁

小鼻の赤みの対策方法としては、洗顔やクレンジングの際に過剰な刺激を与えないことが大切。小鼻の周りは皮脂量が多いことから、きれいにするために無意識に力を入れて洗顔しがちです。すると、皮膚が過剰な刺激を受けるために炎症が起こりやすくなってしまいます。小鼻の赤みはゴシゴシと擦っても治らないので、洗顔ネットでたっぷりの泡を作って優しく洗うように気をつけましょう。さらに、顔をすすぐ際は肌の保湿成分や皮脂をとり過ぎないように、ぬるめのお湯で行うことが大事です。

②洗顔後はすぐに保湿ケアを使用

[Qoo10] 新型ビタミンC誘導体50% 美容液 20ml 乾燥しない保湿型ビタミンC(メール便は送料無料)

WWW.QOO10.JP

洗顔後は肌の乾燥がどんどん加速していくので、すぐに保湿ケアを行う必要があります。その際、ビタミンC誘導体が配合された化粧水でケアするのがおすすめ。実は、ビタミンCには皮脂の分泌を抑えて酸化を防止したり、肌の炎症を抑えてくれたりする作用があります。そのため、継続してビタミンC誘導体入りの化粧水でケアすることで、小鼻の赤みが解消されていきますよ。また、化粧水でケアした後は、必ず水分が蒸発しないようにクリームや乳液で蓋をするよう心がけましょう。

③紫外線対策をしよう

小鼻の赤みの対策としては、外出時は必ず紫外線対策をすることが大事です。というのも、紫外線をまともに浴びると、小鼻から分泌された皮脂が酸化して炎症を起こしてしまうからです。特に直射日光が強い夏に浴びてしまうと炎症がひどくなり、赤みが目立ってしまいます。よって、外出する際はUV効果のある下地を塗布したり、帽子や日傘を使ったりして紫外線対策をしっかりしましょう。

ビューティー
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました