一重美人の作り方。おすすめメイク方法を教えて!

ビューティー

一重の女性のアイメイクに関する悩みとして多いのが、目元がきつい印象に仕上がりやすいこと。この記事では目元がきつくならず、優しい目元になれるおすすめの一重美人の作り方についてご紹介します。

アイラインを長めに引く


一重の女性がアイラインを引く時、上まぶただけに描いてしまうと目を開けた時にせっかく描いたアイラインが隠れてしまいます。まぶたに隠れると同時にアイラインがこすれてしまい、すぐにアイラインが消えてしまうという悩みを持つ一重女性も多くいるのではないでしょうか。
アイラインを引いてかわいい一重美人になりたい時には、目尻からおよそ4mmから10mm程度の長めのアイラインを引くのがおすすめです。

なめらかな描き心地!おすすめのアイライナー
ラブ・ライナー リキッドアイライナーR3

まつ毛の間をアイラインで埋める

まつ毛とまつ毛の間をアイラインで埋めると、ぱっちりとした目が魅力的な一重美人に仕上がります。ただ目を開けるだけではアイラインを描いていくのが難しいので、指を使用して優しくまぶたを持ちあげてアイラインを描いていくのがおすすめです。目に向かって縦向きにアイライナーを持ち、細かく筆を動かすと簡単にまつ毛とまつ毛の間を埋めていくことができます。

ビューラーでまつ毛をしっかり持ちあげる

ぱっちりとした目が魅力的な一重美人になるためのメイクとして、しっかり持ちあがったまつ毛が必要不可欠です。一重の女性はまぶたの重みでまつ毛が下がりやすい傾向があるため、ビューラーは可能な限りまつ毛の根元に近い毛で挟んで、2~4回ほど連続でまつ毛を挟んでしっかり持ちあげるのがおすすめです。
ビューラーを使用した後にカールキープ効果を持つマスカラ下地を使用すると、まぶたの重みでまつ毛が下がってしまうのを防げますよ。

自然な長さとボリューム感
ettusais(エテュセ) アイエディション (マスカラベース) 01 ウォームスタイル シアーブラック

▼▼Fiache.編集部mikanによる、アイエディション(マスカラベース)レビューはこちら▼▼

眉毛は目に近付ける

眉毛はアイメイクだけでなく、顔全体の雰囲気を変えてくれる重要なポイントです。眉毛を目に近い位置に作ると彫りの深い印象を作ることができ、小さい目でも大きく見せられるメリットがあります。パウダーを使用して、眉毛の下のラインを描き足しましょう。また一重美人メイクには、優しい印象の眉毛を作って一重のきつい印象を和らげる必要があります。眉毛が太くて濃いときつい印象が際立ってしまうため、しっかり描けるペンシルよりもふんわりとした眉毛に仕上がるパウダーを使用するのがおすすめです。

ふんわり眉毛を仕上げるならこれ!
ヴィセリシェ アイブロウパウダー

アイシャドウは優しい色味のものを選ぶ

一重の女性は、目元がきつく見られてしまいやすい特徴があります。目がぱっちりしているけど優しい雰囲気の一重美人に仕上げるためには、優しい色味のアイシャドウを使用するのがおすすめです。赤みのあるブラウンやオレンジ、ピンクなどの暖色系で派手すぎない落ち着いた色味のアイシャドウを選ぶようにしましょう。またラメ系のアイシャドウは、重みのあるまぶたを強調してしまうことがあります。まぶたが腫れぼったく見えないよう、ラメ系ではなくマット系のアイシャドウを選ぶのがおすすめです。

このパレット一つで何通りも楽しめちゃう♡
ロムアンド(rom&nd) ベターザンパレット

ビューティー
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました