二の腕痩せ!家で簡単に出来る「ながらストレッチ方法」を教えて!

ライフスタイル

振袖のようにたるんだ二の腕…なんとかしたい!実は、特別なことをしなくても、二の腕痩せは可能です。家でできる「ながら運動」として出来る簡単ストレッチをご紹介します。



二の腕痩せ!家で簡単に出来る「ながらストレッチ方法」を教えて!



手を胸の前で合わせる「合掌ポーズ」ストレッチ

テレビや好きな動画を見ながら…などゆったり時間に~しながらで出来る二の腕痩せストレッチは胸の前で手を合わせる「合掌ポーズ」ストレッチ。
合掌ポーズのやり方は、

① 両手を胸の前で合わせます。両方のひじは床と並行になるくらいにまで上げましょう。
② その状態を維持したまま両手に力を込めて押し合います。力を出す方向は、右手は左側、左手は右側です。
③ その状態を10秒間キープしましょう。慣れてきたら、少しずつキープの時間を伸ばしましょう。

二の腕は普段、あまり使わない部位なので、筋肉量が減ることでたるみやすくなります。最初はかなりきつく感じるかもしれませんが、手を合わせる「合掌ポーズ」をすることで、日常生活では使わない部位に刺激を与えることができ、二の腕が徐々に引き締まっていきますよ。

「合掌ポーズ」3つのメリット

1. テレビを見ながらできる

いつもリラックスした体勢でテレビや動画を見ていませんか?ほっそりした二の腕になりたいなら、今日から「ながらストレッチ」をしましょう!自分の好きな動画を見ながら、手を合わせるだけです。長い時間ずっと、力を込めなくても大丈夫です。思い出したときや、CMのときにするように心がけるだけで、徐々に二の腕の肉が引き締まってくるはずです。

2.すきま時間にできる

家にいると、集中して何かをするには短いけれど、ボーっとするには長いすきま時間がちょこちょこと生まれます。そういった時間に、「合掌ポーズ」ストレッチをしましょう。思い出したら、手を合わせる!これだけで、一カ月でかなりの時間をストレッチに使っているはずです。塵も積もれば山となりますよ!

3.習慣化すれば簡単に続けられる

やり方は簡単だけど、習慣化が難しく長続きしないという人は、まず自分の生活になじませることを意識ましょう。一度習慣化してしまえば、意思の力を必要としなくても、長く続けることができます。やろうと思っているけど、すぐ忘れしまう。そのうち、ストレッチのこと自体忘れてしまう。そういった場合は、何か行動を起こす前にストレッチをやるという決まりを作るのがオススメです。例えば、「合掌ポーズ」をしてから、風呂に入るというルールを決めます。体が覚えるまでは、脱衣所にルールのことを書いたメモを貼りつけておきましょう。そうすれば「やろうと思ってるんだけど、忘れてた!」という言い訳を自分にできなくなります。それに10秒間手を合わせるだけでも良いので、すぐ終わります。ぜひ実行して、簡単にできるストレッチで、ほっそりした二の腕を手に入れてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました