【求心顔さん必見】チークの入れ方で顔のバランスをよく魅せるためのコツとは?

ビューティー

目と目の間が狭めな求心顔さんは、チークとハイライトで立体感を作り、顔全体にメリハリを生んで目元と顔のバランスを整えましょう。今回は顔のバランスをよく魅せ、さらに求心顔さんの美人度をアップさせるチークの入れ方をご紹介します。



求心顔さんが顔のバランスをよく魅せるためのチークの入れ方を教えて!

 



顔の外側にある求心顔さんの余白を目立たなくする!


求心顔さんは、キリッとクールで落ち着いた印象の人が多いです。
落ち着いた印象の顔立ちには、血色感とツヤを仕込むことで、女性らしいナチュラルな色気のある大人な印象にアップデートしましょう。
また、チークとハイライトのW使いをすることで顔のバランスが整うほかに、外側にある求心顔さんの余白部分が目立ちにくくなり、小顔効果も期待できるんです。
使うのは、ツヤが出やすいクリームタイプのチークとハイライト。
パウダータイプより油分が多いので、時間が経つにつれて肌になじんでツヤが長持ちします。

求心顔さんタイプ別チーク術

求心顔×横長タイプのチーク術

ほおの横幅が広く、丸顔やベース型の輪郭の横長タイプは、チークを丸く入れるとフェイスラインが目立ちやすく、横幅がさらに広く顔が大きく見えてしまいます。
チークはこめかみに向かって斜め上の楕円形に入れ、横幅を引き締めましょう。
丸顔さんは小鼻と同じ高さのほおを始点に、斜め上に入れます。
ベース型さんはニコッと笑ったとき高くなるほおを始点に、斜め上に入れてください。
ハイライトは黒目の下部分にポンポンとのせると、顔の中心に立地感ができて、横幅の広さが目立ちにくくなります。

求心顔×縦長タイプのチーク術

ほおの縦幅が広く、面長や逆三角顔の輪郭の縦長タイプは、ほおの縦幅の余白をチークとハイライトの立体感でカバーします。
チークは横広にぼかすように入れるのがポイント。
また、クリームタイプの上にパウダーチークを重ねてぼかすと、立体感のある仕上がりになります。
さらに、目の下に横長にハイライトを仕込んで、のっぺりほっぺをぷっくりほっぺに見せましょう。

タイトルとURLをコピーしました