【甘党女子必見】この春、食べたい!オススメスイーツを教えて

ライフスタイル

桜や苺など、春ならではの食材を使ったスイーツは味だけでなく見た目も華やかです。今回は春食べるのにオススメなお取り寄せスイーツを紹介します。



2020年、春に食べたい!この春のオススメスイーツを教えて



菓子処 梅月園さくら葉餅

菓子処 梅月園のさくら葉餅は、桜の葉を2枚使用した香り豊かなスイーツです。もっちりとした生地の中には甘さが控えめなこしあんが入っており、塩漬けにした桜の葉と共に食べることで、独特の歯触りと芳しい香りを堪能することができます。細長い形に作られているため口が小さい人や子供もスムーズに食べ進めやすいです。菓子処 梅月園は静岡県に店舗を持つお菓子屋で、さくら葉餅には伊豆半島南部にある松崎町の桜の葉が使用されています。松崎町産の桜の葉は柔らかく、餅やこしあんの味を良く引き立てて、美味しいさくら葉餅に仕上げています。

他におすすめなスイーツはこれ!

京みずはいちご大福

作り手の愛情も感じられるようなスイーツを食べたい人におすすめなのが、京みずはのいちご大福です。京都に実店舗も持つ京みずはのお菓子は、素材に国産のものを多く使用しており、砂糖もカロリーや油脂が控えめな白砂糖や黒砂糖を用いています。合成保存料や防腐剤は使われていないため、体に優しいスイーツが多いです。いちご大福には大粒の苺が入っており、北海道のテボ豆で作った白あんの優しい甘さと良くマッチしています。職人が1つ1つ手作りした大福は形も可愛らしく、苺と白あんを包む求肥のふわふわさも秀逸です。

さぬき志度風月堂~ふんわりとただよう春の香り~桜ろーる

春らしい雰囲気のロールケーキを食べてみたいなら、さぬき志度風月堂が作る「~ふんわりとただよう春の香り~桜ろーる」もおすすめです。桜色のスポンジに八重桜の塩漬けが入っているこちらのロールケーキは、春のティータイムにもぴったりな見た目となっています。甘すぎない生クリームのなかには、桜の香りがするゼリーが散りばめられており、一口食べるごとに春の訪れを感じられそうです。ゼリーにはリキュールが使われているため、少しだけ酸味があり、甘いものが苦手な人でも美味しく食べられますよ。

京橋 千疋屋 ショコラ・フレーズ

国産の美味しい苺にスイートチョコとホワイトチョコをまとわせたショコラ・フレーズは、苺の鮮度にこだわって作られている季節限定のスイーツです。甘酸っぱくてジューシーな味わいの苺と、滑らかでスイートなチョコレートのコラボは、毎年食べたくなってしまいそうな美味しさです。また、大粒の苺を使用しているため、1個だけ食べても満足できそうな、クオリティの高いスイーツになっています。パッケージもお洒落なので、大切な人への贈り物にしても喜ばれそうです。公式のオンラインストアから注文すると、好きなメッセージを印刷してもらえるメッセージカードも付いてきます。

御菓子所吉野屋根尾谷の淡墨桜ういろ


岐阜県の御菓子所吉野屋が作る「根尾谷の淡墨桜ういろ」は、桜の花を思わせる柔らかな桃色が可愛らしいスイーツです。ういろうのなかには桜の花の塩漬けが入っていおり、最後まで飽きずに食べやすくなっています。しょっぱさと甘さのバランスも絶妙で、お茶との相性も抜群です。生地は米粉を使っており、せいろでじっくりと蒸すことで、もっちりとした食感に仕上がっています。商品名にも入っている根尾谷の淡墨桜は岐阜県の本巣市にあり、春になると美しい花を咲かせて地元の人や観光客の目を楽しませているそうです。

タイトルとURLをコピーしました