グッとオシャレ度が上がる!服を飾るディスプレイ収納テクニックBEST5

グッとオシャレ度が上がる服を飾るディスプレイ収納テクニックBEST5収納

インテリアにこだわりたいけれど、何から始めれば良いのかわからない!そんな方におすすめなのが、服をディスプレイして収納する方法です。手持ちの服を、飾るように収納するアイデアをご紹介します。

1位:洋服ラック

服を飾るディスプレイ収納テクニックBEST5②

取り入れやすく、使いやすいのが「洋服ラック」です。お気に入りの服をずらりとかけておけば、お部屋のポイントになる上、いつでも自分の目に入るので気分が上がりますよね。おしゃれに見せるポイントは、お部屋の色合いやコンセプトに合わせたラックを選ぶことです。例えば、壁紙が白く、木製のテーブルを配置しているお部屋であれば白や、テーブルと合わせたデザインが良いでしょう。目立つ場所に配置しても、お部屋に馴染んでくれそうです。

2位:カラーボックス

服を飾るディスプレイ収納テクニックBEST5⑥

まるで店舗のようなディスプレイ収納を目指せるのが「カラーボックス」です。縦にも横にも使えると、お部屋に合わせて使用できるので良いかもしれません。何より、価格も幅広くお手軽なのが嬉しいですよね。カラーBOXの良いところは、店舗のような陳列として見せながらも、使いやすい点にあります。重ねて収納していくだけなので、出し入れしやすく機能的です。色別、トップスやボトムスなど種類ごとに分けるとより、おしゃれに見えるでしょう。

3位:籐のかご

服を飾るディスプレイ収納テクニックBEST5③

「籐のかご」は、自然の素材でできているのでナチュラルなお部屋にぴったりです。使い方はシンプルで、籠の中に服を重ねて入れておくだけ。一つの収納力はそれほどありませんが、かさばるセーターや畳んで収納できるものを入れておけば、そのほかの収納スペースに余裕が生まれますね。形は様々ですが、丸いものを選ぶとおしゃれ感が演出できます。たくさん置きすぎて、洗濯物の山積みのように見えてしまわないよう、数はひかえて、さりげなくディスプレイしましょう。

4位:ウォールラック

服を飾るディスプレイ収納テクニックBEST5④

「ウォールラック」は、トップスやボトムスを並べても良い上に、サングラスやスカーフなど日々のコーデにプラスする、小物のディスプレイにも使うことができます。備え付けの棚がある場合は活用して、無いのであれば、自分で壁に棚を取り付けてみてはいかがでしょうか。その場合好きなところに設置できるので、洋服ラックのすぐ横やクローゼットの中など使い勝手の良い収納を目指すことができそうです。

5位:鴨居フック

服を飾るディスプレイ収納テクニックBEST5⑤

鴨居は、襖やスライドドア・引き戸などの上部についている枠のことです。少し出っ張っているので、そこに取り付けて引っ掛けるスペースを作れるのが「鴨居フック」です。100円ショップなどでも購入できるので、家具を買うほどではないけれどおしゃれなディスプレイをしたいという方におすすめです。ワンピースや、特別なドレスなどワンポイントになる服を吊るしておけば、お部屋の一角がお気に入りのスペースになりますね。

収納ライフスタイル
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました