【入門編:第1弾】初めてのフラワーアレンジメントをしてみよう♡アレンジをする前に必要な道具や下準備とは??

ライフスタイル

家で過ごす時間も増えて、より快適に過ごすために部屋を模様替えしてみたり、花を飾ってみたりと工夫をする方も多いのでは!!そこで今回は初めてフラワーアレンジメントに挑戦する際に必要な道具や下準備などアレンジする前の必要なことについてまずご紹介いたします。

フラワーアレンジメントとは


花器にいれた吸水性のスポンジに花を挿して飾り付ける事をいいます。

フラワーアレンジメントと生け花の違い

生け花とフラワーアレンジメントの違い
吸水スポンジに花を挿して生けるのにたいして、生け花は剣山を使ったり葉っぱなどを上手く使っていけます。
フラワーアレンジは花などの素材をふんだんに使て華やかに飾るのに対して、生け花は少数の素材を使って空間を豊かに芸術的に飾るのが特徴です。

必要な道具

花器


花を生けるための器で様々な種類があります。アレンジメントの時は水をたっぷり吸わせた吸水スポンジを使うので、陶器・ガラスなどさびず水漏れしない器を使いましょう。

水漏れの心配があるバスケットなどを使いたい時は、前もって器にビニールやセロファンをひいて使うといいでしょう。

花・グリーン


花は比較的日持ちしやすい物を選び、その中から主役となるメインフラワーを決めておきましょう。
グリーンは、吸水スポンジを隠したり空間を埋めたり季節感をだすなど結構重要な役割があります。黄変しにくく葉が綺麗なものがいいでしょう。

初めてアレンジする方は!!

メインフラワー以外にも、準主役の花・動きや隙間を埋める花に分けておくとアレンジしやすいです!
あと初めての方は同系色カラーやグラデーションになりやすいカラーの花を用意すると統一感が出ておすすめです。
主役や準主役は・・・カーネーション、バラがおすすめです。

グリーン葉・ツル・枝・観葉植物など色々ありますが用途やデザインイメージに応じて用意してみましょう!
グリーンは・・・ルスカス、レザーファン、ミリオグラタスがおすすめです。

吸水スポンジ


オアシス・フローラルフォームともいわれています。
生花用とドライ用・または両用タイプの物、ブロック型、球型、リース型など種類があるので使う時は十分注意しましょう!

慣れてきたら、茎が硬くて太い花材の時と、細くて繊細な花材の時とでスポンジの硬さを変えるのもいいかと思います。

初めてアレンジする方は!!

生のお花の場合生花用がおすすめです。
形はスタンダードなブロック型がおすすめです。
硬さは硬すぎずやわらか過ぎない普通の硬さがおすすめです。

ハサミ


花材をカットしたりする時に使います。
枝バサミ、ガーデニング用ハサミなど様々ありますが、生花用ハサミや切れ味のいいハサミを使いましょう。

切れ味が悪い物を使ってしまうと、切れても茎がつぶれてしまい花の持ちが悪くなってしまう場合があるので気を付けましょう!

フローラルテープ

緑色の物が多く、粘着力と伸縮性のあるやわらかい素材のテープです。弱って真っすぐ立たなかったり折れそうな茎を補強したり、長さが足りない茎を加工したりする時に使います。

ワイヤー

花の茎を支えたり、人工の茎を作る際に使われます。太さやカラーが様々あり、生花や造花・枝など用途によって使い分ける事もあります。

初めてアレンジする方は!!

生花は裸ワイヤー(銀色)または地巻きワイヤーのグリーンがおすすめです。
太さは数が大きいほど細くなります。初めは#22、#24、#26あたりの太さのワイヤーがおすすめです。

ブリックカッター

吸水スポンジを器に合わせてカットするときに使います。

ボウル

吸水スポンジに水を吸わせる時に使います。

下準備


花をより綺麗に長持ちさせるために重要な手順になります。

葉を取り除く

葉が水に浸てしまうと葉が腐り菌が増殖してしまうので、水に浸ってしまう部分は取り除きましょう。

花の水揚げ

花は根から水を吸上げるため、切花は本来の花より水を吸う力が弱くなってしまいます。さらに切り口が空気や細菌にふれてしまうとさらに水の吸い上げが衰えてしまうので、水を吸い上げやすいように加工することをいいます。

一般的によく使われる方法は「水切り」と言われるものです。切花を深めの水に浸しておき、その中で切れ味の良いハサミで先端から2~3㎝あたりの部分を斜めにカットします。そのまま1時間浸しておきましょう!!
※切ってる際に切り口が水から出ないよう要注意

他には湯揚げ・焼く・割る・裂くなどもあります。慣れてきたら花の種類ごとに水揚げの方法を変えてみると良いでしょう。

吸水スポンジに水吸わせる

吸水スポンジは1度水を吸ってしまうと再度水を吸うことができないので、まずはアレンジで必要な大きさだけカットしておきましょう。
ボウルに水をはり吸水スポンジを浸します。水面にポンと置く感じにすると水を吸ってどんどん沈んでいくので、全部沈んで色がしっかり変わったら取り出しましょう。

早く吸収させようとして沈める際に無理やり押したりしてしまうと、中までしっかり水が吸収されていない事があるので注意しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はフラワーアレンジメントを始めるにあたって必要な道具や手順を紹介いたしました!次回は初心者でも始めやすい簡単アレンジ方法について紹介いたします♡

レイナFiache.編集部

Fiache.編集部。食べることが大好き。趣味はアニメ鑑賞、運動、自然巡り(いつか京都の紅葉を見に行きたい!!)。イエベタイプの薄い顔。

記事一覧へ
ライフスタイル
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました