おしゃれに浴衣の着崩れを防止するにはどうしたらいいの?

ファッション

せっかくの浴衣、着崩れの心配を減らしておしゃれに着こなす方法があるなら、ぜひとも取り入れたいですよね!そんなアイテムと使い方をご紹介します。



おしゃれに浴衣の着崩れを防止するにはどうしたらいいの?



帯締めを使いましょう


帯締めは帯結びを固定して着崩れを防ぐ和装小物です。両端が房になっているのが特徴です。身に着ける場面によって、フォーマルからカジュアルまでいろいろな種類があります。

帯締めをするメリットは?

おしゃれで実用的!

素材や色や編み方のバリエーションが豊富にあります。帯に比べると手頃な値段で手に入ります。いくつか持っておくと、去年と同じ浴衣と帯でも違った表情でが出せますよ。

結び方を解説します

1.帯の後ろから巻き付け、長さを揃える

帯締めを後ろから前に巻き付け、手から房の先までの長さが左右同じになるようにします。

2.結ぶ

左手に持った紐が上になるようにひと結びします。

右手に持っている紐で、結び目の中心に向かって輪をつくります。

同じ面が内側を向くようにしてください。

右手で結び目の中心を押さえながら、左手の紐を輪に通します。

結び目の中心がずれないように締め、

結び目を胸の方に起こします。

3.左右の端を固定する

左右の房を体の側面まで沿わせ、帯締めひもの上から下に少し通します。

これで完成です。

ぜひ試してみてくださいね。

撮影協力:ワモノヤトウキョウジョウ

タイトルとURLをコピーしました