逆三角顔さんが小顔に見えるピアスはどんなピアス?

ファッション

ピアスはアクセサリーの中でも、最も顔の近くにくるものです。そのため、選んだピアスの形によって顔の印象を変えることができるのです。今回は逆三角顔さんが小顔に見せるためにおすすめなピアスの種類についてご紹介します。



逆三角顔さんが小顔に見えるピアスはどんなピアス?



モチーフが大きめのものや、イヤーカフ


あごの部分がほっそりとしている逆三角顔の人は、頭の部分のハチが張っているように見えます。そのため、逆三角顔さんが小顔に見えるようにするためには、ピアスの飾りが大きめのもの、ボリュームのあるタイプか、ぶら下がりタイプ、あるいはイヤーカフなどがおすすめです。

どうして小顔に見えるの?

頭のハチを目立たなくさせることができるから!

逆三角顔さんは、頭部が大きくなかったとしてもあごの部分がほっそりとしているため、頭のハチが張っているように見えてしまいます。そのため小さい目立たないようなピアスだと頭が大きく見えてしまいます。

そこでピアスの装飾部分が大きいものやボリュームがたっぷりとあるタイプのピアス選ぶようにしてみてください。そうすると、自然にピアスに目線がいくようになり、頭のハチに視線がいきにくくなるのです。ピアスの大きさやボリュームが目立つことで頭の大きさが相対的に目立たなくなり小顔に見えるようになりますよ。

極端なあごの細さを隠すことができるから!

逆三角顔さんのもう一つの特徴は、あごが細くなっているということです。このあごの細さは一見、小顔のポイントのように感じますが、頭とのバランスが取れず、全体的にきれいな小顔に見えるという結果につながりません。アゴが尖っている…という印象になってしまいます。

そのため、ピアスは下にぶら下がるものがおすすめ。細いあごの横にピアスの装飾部分がぶら下がりゆらゆらと揺れていると、細いあごの横にボリュームが足されているように感じられるため、全体の顔のバランスをとることができて、小顔効果につながります。

また、ボリュームのあるタイプや細長いタイプの装飾のあるピアスをつければ、逆三角のとがったイメージをすることなくすことにもつながり、全体的に顔の印象を柔らかく見せる効果が期待できます。

ファッション
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました