【浴衣の熱中症予防】夏の浴衣を涼しく着こなすための暑さ対策アイテム

ファッション

浴衣は夏らしくて涼し気で素敵な印象を持たれる方も多いかと思いますが、正直、浴衣は暑い…。暑いけど着たい!建物の中に入ってしまえば涼しく過ごすこともできますが、屋外は熱中症にも注意して過ごす必要があります。浴衣の暑さ対策に役立つ便利アイテムをご紹介します。



浴衣を涼しく着こなすための暑さ対策アイテムってなに?



保冷剤

夏の暑さ対策には何といっても保冷剤!!浴衣のときにも欠かせない便利アイテムの一つです。意外と暑い浴衣姿の中でも一番熱を持ちやすいのは帯です。帯の間に手ぬぐいなどで包んで入れてみましょう。帯の後ろに入れると背中の汗を抑えることもできます。前は胸元から保冷剤を入れてみましょう。保冷剤で前後ともに冷やすことによって浴衣への汗ジミ防止にもなり一石二鳥です。今は可愛くておしゃれな保冷剤がたくさん出ているので、手に持っていても違和感があまりなさそう。首元や手首を冷やすのも涼を感じられるので良いですね。

保冷剤以外の浴衣の暑さ対策

日傘

熱中症が叫ばれる昨今、日傘も暑さ対策には重要な便利アイテムの一つです。浴衣の出番が多いお祭りや花火大会の開催地に向かう時間帯は太陽がまだまだ頭上にあることも多いですね。日傘を使うことによって-2℃~10℃体感気温が下がるといわれています。暑い日でも木陰を連れて歩けるような心地よさを感じそう。特に浴衣などの和装には日傘がとってもお似合いなので、より上品な美しさを引き立たせてくれるでしょう。人ごみの中では閉じた方が良いこともありますので、バッグにも収まるコンパクトな折り畳みの日傘もオススメです。

扇子・うちわ


昔から涼をとるときに使われる扇子や団扇も浴衣の暑さ対策にはピッタリ。様々な柄やデザインがあり、浴衣に合わせて選ぶとより統一感のある上品な浴衣コーデを演出できそう。扇子は折りたたむと、とてもコンパクトなので女性、男性問わす使いやすいですし、普段使いにもバッグに一つ入れておきたい暑さ対策アイテムです。
団扇は、浴衣の後ろ帯のところにスッとさしておくだけで、夏らしく季節感が増して、仰いで風を感じるだけではなく、涼しさも演出してくれます。

他の浴衣に関する特集記事はこちら

浴衣を涼しく着こなすための暑さ対策アイテムってなに?去年と同じ浴衣と帯を、今年もおしゃれ着るにはどうアレンジしたらいいの?
簡単で見栄えのいい帯の結び方は?
簡単で見栄えのいい兵児帯(へこおび)の結び方は?
おしゃれに浴衣の着崩れを防止するにはどうしたらいいの?
浴衣を今から着るけれど、補正ってどうしたらいいの?
浴衣に似合うおすすめ髪飾りってどういうのがあるの?夏の髪飾り4選
浴衣の着付けに必要なものを教えて!
浴衣に似合う疲れにくい下駄を教えて!
浴衣の下って何を着ればいいの?

タイトルとURLをコピーしました