簡単で見栄えのいい帯の結び方は?

ファッション

浴衣の着付けにトライしたい!初心者でも簡単にできて見栄えのいい帯の結び方ってどういうの?と思っている方必見!半幅帯を使った「割り角出し」結びの手順を分かりやすくご紹介します。



簡単で見栄えのいい帯の結び方は?



割り角出し(わりつのだし)がおすすめ!

左右にちょこんと出した角(つの)を覆うように帯をゆったり2回巻き付けて作る割り角出し(わりつのだし)。浴衣の帯の定番、半幅帯を使って簡単にトライできます。

おすすめポイント

丸みのあるシルエットが大人可愛い!

ゆったり巻きつけた帯によって女性らしい丸みが生まれます。定番の文庫結びと比べるとこなれ感があり、ちょっぴり大人の雰囲気を演出できちゃいます。

結び方を解説します

1.「て」の長さを決める

あとで結ぶために残しておくず部分:「て」の長さを決めます。手のひらを伸ばしたときの指先からひじまでの長さくらいが目安です。

2.帯を巻く起点をクリップで留める

長さを決めた「て」は、肩に乗せるようにして残しておきます。「て」の反対の長いほう:「たれ」を胴に巻き始めるポイントを、伊達締めにクリップで留めて固定します。留める道具は洗濯ばさみでもOKです。

クリップ留めしたところを起点にして折り紙のように「たれ」を折り返し、胴に巻きつけます。

3.「たれ」を2周巻いて半分に折る

「たれ」を2周巻いたところで、一旦きゅっきゅっと帯のゆるみを締めます。次に脇の下にくる部分を下から斜め上に向かって折り、半分の巾にします。

ここでも折り紙のイメージで折ってみてください。

4.「て」と「たれ」を結ぶ

長いほう:「たれ」を上にして結び、上下に引っ張って締めます

このときの短いほう:「て」が片方の角(つの)になります。もしも短いと感じたら修正を。結び目をほどき、少し帯をまわして引き出せば直せます。

5.もう片方の角(つの)を作る

短いほう:「て」を斜め上に折ります。

長いほう:「たれ」を上にして結び、少し引き出してストップします。

もう片方の角(つの)ができました!

6.結び目に「たれ」を2回通す

「たれ」の先を結び目の下から通します。

さらにもう一度、結び目の下から通して前に垂らし、帯の形を整えます。

7.帯を後ろへ回す(あと一息!)

右手で結び目と帯を下から持ち、左手で背中側の帯を下から持って時計回りにくるりと回し、帯を後ろ中心に移動させます。

8.帯まわりの形をチェック

1周目の帯が、帯の上部から見えているのは問題ありませんが、帯の下部から見えているのはよくないので隠しましょう。帯の側面のうち片方は後ろに向かって斜めに上がります。

浴衣の胸回りと背中、おはしょりを整えます。皺が寄っていたら、中心から脇に逃がすように伸ばして整えます。

9.帯板を入れる

伊達締めと帯の間に帯板を差し込みます。上からでも下からでも、入れやすいほうからでOKです。どちらも斜めに差し込んでから水平にするのがポイントです。

帯板は帯を巻くタイミングで入れてもよいです。両サイドにゴムベルトがついたタイプの帯板を使う場合は、帯を結ぶ前に身に着けます。ベルト部分を前で留め、くるりと後ろに回して板を前に持ってきます。

完成です!

撮影協力:ワモノヤトウキョウジョウ

ファッション
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました