まつエクをした時に気を付ける、アイシャドウの選び方って?

ビューティー

目をぱっちりさせるのに非常に役立つまつエクですが、アイメイクに注意しないとせっかくのまつエクを無駄にしてしまう可能性があるんです。そこで今回はまつエクをした時のアイシャドウの選び方についてご紹介します。



まつエクをした時に気を付ける、アイシャドウの選び方って?



柔らかい色のパウダーアイシャドウを使う!

まつエクをした時は、まつエクをの良さを損なうことなく最大限に生かすメイクをしたいですよね。まつエクの良さを引き出すためにはパウダー系のアイシャドウを選びましょう。そしてカラーは肌になじみやすい色の中でもできるだけ柔らかい色合いをにしてみてください。優しくメイクするのがポイントですよ!

柔らかい色のパウダーアイシャドウにするメリット

①まつエクの良さを活かすことができる

まつエクの大きなメリットは、マスカラを使用することがないため、手間が省けるということが第一ですが、本物の元から生えているまつ毛と見分けがつかないほど自然な状態に仕上げることができることもメリットの1つ。このまつエクの良さを活かすために、アイシャドウの色はできるだけ肌になじむ柔らかい色合いを選ぶことがベストです◎

アイシャドウの色を、目元の陰影をはっきりさせるためにバイオレットやネイビー、グレーなどといった濃く強い色合いのダークカラーを使用してしまうと目元に影ができてしまいます。すると、まつ毛の自然な美しさが損なわれてしまい、まつエクがかすんでしまうのです。なので、アイシャドウはできるだけ肌の色に近い自然で柔らかい色がおすすめです。

淡いブラウン系統の色から始まり、オレンジ系、ベージュ系、ピンク系を使用すると上品でやわらかな印象になります。パール系のアイシャドウを使うと、華やかな印象になるでしょう。

②エクステの長持ちにつながる

まつエクは、まつエクの先端にグルーと呼ばれる接着剤をつけて、まつ毛の根元に着けています。つまり、この接着剤が溶けてしまうと、まつエクが取れてしまうばかりではなく、目に入ってしまい健康害となりかねません。

クリームタイプのアイシャドウは、油分が多いため、まつエクの接着部分に接触してグルーが溶けだしてしまう可能性があります。ペンシルタイプのアイシャドウは、まつエクへの摩擦や絡まりの原因となり、やはり接着剤に悪影響といえます。このことから、ふんわりと乗せることができて負担の少ないパウダータイプがおすすめなんです。

タイトルとURLをコピーしました