【切開ライン】一重さんが切開ラインを下向き引くと、ナチュラルでかわいい印象に♡

ビューティー

切開ラインはここ数年で知名度の上がってきたメイクテクニックの一つです。目頭にアイラインを少しプラスするだけで、目を大きく見せることができちゃうんです。



一重さんが切開ラインを下向きに入れるとどんな印象になるの?



ナチュラルでかわいらしい印象に!


一重さんが切開ラインを下向きに入れると、ナチュラルな女の子らしい雰囲気になります。切開ラインには2種類あり、下向きに入れる方法と、横長に入れる方法があります。下向きラインはナチュラルな雰囲気や可愛らしい雰囲気になるので、目が細かったり小さかったり、キツく見られがちな一重さんでも柔らかく優しい印象にすることができます。

一重さんが下向きに切開ラインを入れるメリット♪

① 目が大きく見える


切開ラインは目の錯覚を利用して、目を大きく見せるメイクテクニックです。目頭に短いラインを入れることで目と目の距離が近づき、また目の幅が広くなるので自然と目が大きく見えるのです。整形しなくても大きな目が手に入るのがメリットです。

② ふんわり優しい第一印象に

二重さんと比べると、一重さんはまぶたが腫れぼったく見えたり、目付きが悪く見えてしまったりすることがあります。そうすると第一印象で損をしてしまう事もあるのではないでしょうか。パッチリ、とまではいきませんが、下向きの切開ラインを入れることで目の印象が可愛らしく変わるので第一印象もふんわりとした優しいイメージになるのがメリットと言えます。

③ 横長のラインよりも自然

切開ラインには横長の切開ラインと下向きの切開ラインの二種類があります。横長の切開ラインはどちらかというと濃くはっきりしたメイクに向いているので、一重さんがやるときつく見られてしまう可能性があります。また、メイク慣れしている人でも入れ方が難しいです。一方、下向きの切開ラインはナチュラルメイクに合うので、二重でも一重でも万人に使えるテクニックなのです。あまり濃いメイクをしない一重さんでも、下向きの切開ラインなら自然に見せることができますよ。

あなたにおすすめの記事▽▽

 
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました