2019年冬 レディーススーツの中に着るのにおすすめなニットカラーは?

ビューティー

冬に着るレディーススーツに合わせてインナーのニットを買おうと考えている方も多いのではないでしょうか。ここではスーツに合うおすすめのカラーについて詳しく紹介します。



2019年冬 レディーススーツの中に着るのにおすすめなニットカラーは?



だんぜんホワイトがおすすめ!

定番のブラックやグレーのスーツをはじめ、2019年はノーカラーのVネックジャケットやこなれ感のあるカーキカラーのジャケットも登場しています。秋冬シーズンはダークカラーのスーツを選ぶ方も多いですよね。パンツスーツかスカートスタイルに関わらず、インナーはホワイトなど明るいカラーのニットを着用するのがおすすめです。

白ニットのメリット♪

① どんなスーツにも合う

白のニットは、どんなカラーのスーツにもマッチし、ストライプやチェック、ツイードなどの柄物スーツのデザインの邪魔になりません。スーツを1週間で何度も着回す方も多いので、定番のシャツ以外にも白ニットを持っておけば、違う雰囲気を演出することができます。ダークスーツは暗く見えがちですが、インナーに白ニットを着るだけで全体を明るい印象にしてくれるのです。秋冬はコートも黒という方が多いので、白ニットを着ると、よりファッションも洗練されるでしょう。

② 清楚感を出してくれる

スーツを着ていても、女性らしさや清楚感を出したいという女性も多いです。スーツがかっちりしたイメージがあるからこそ、インナーの白ニットは女性らしい上品さを演出することができます。スーツを着ているとニットは少しの部分しか見えないと思われるかもしれませんが、その白が反射板のように働き、顔を明るく見せてくれるのです。メイクだけではなく、白を着ると清楚感や顔の印象アップにつながります。

③ 体型補正ができる

白は膨張色で着膨れするという印象を持っている方も多いです。しかし、スーツの下にインナーとして着れば、着膨れして見えません。2019年の秋冬にも豊富なリブニットを選ぶと、スーツを脱いだ時にもすっきりと見せてくれます。Vネックの白ニットを選ぶと、首元がすっきりして見えるので着痩せして見せたい方にもおすすめです。逆に上半身が細すぎるという方は、タートルネックを選ぶことで上半身に厚みを出すことができます。鎖骨部分が気になるという方はタートルネックタイプを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました