冬に使いたい乾燥しないファンデーションのおすすめは?

ビューティー

冬のメイクがキマるかどうかを大きく左右するのが、ファンデーションです。ただ闇雲に保湿するのではなく、もう1枚の綺麗な肌をのせるような意識でファンデーションを塗ることがポイントになります。



冬に使いたい乾燥しないファンデーションのおすすめは?



資生堂インターナショナルの『クレ・ド・ポー ボーテ ル・フォンドゥタン』!


冬に使いたいおすすめのファンデーションといえば、資生堂インターナショナルの『クレ・ド・ポー ボーテ ル・フォンドゥタン』です。このファンデーションは乾燥対策として肌にうるおいをもたらしてくれるのはもちろんですが、スポンジやブラシを駆使して素肌にピタッとまとわせることで、透明感のある美肌を維持することもできます。

『クレ・ド・ポー ボーテ ル・フォンドゥタン』にはスキンケア成分が贅沢に配合されていて、「まるで高級クリームみたい!」と、多くの女性から人気を集めています。ほとんどテカらないので、肌の乾燥をカバーしつつも、素肌が透ける感じを残してくれるのです。

メイクのポイント♪

① 両手でのばしていく

まずは両手の指の腹全体を使って、乳液を塗るような感覚でなじませていきます。乾燥が気になる部分にしっかり塗るために、指の腹で軽くたたき込むようにしてからボカすのがポイントです。額は中心から生え際に向けてのばすようなイメージで塗りましょう。

② スポンジを使う

次にリキッドファンデーション用のスポンジで顔全体を軽く押さえて、ファンデーションを肌に定着させていきます。目元や小鼻の脇などはよく動くため、ファンデーションがヨレやすいですよね。このような部分は、スポンジで軽くなでるようにして、薄くなじませていきましょう。

③ ブラシも大活躍

鏡で顔全体を確認して色のムラが気になる部分があれば、コンシーラーブラシを使うことでカバーできます。ファンデーションをブラシに薄くとって気になる部分に重ねていくのですが、その際、毛先を肌の上で往復させるようにして塗るのがポイントです。ニキビ痕のような小さい点には、アイシャドウブラシを使いましょう。ブラシの先端に少量のファンデーションをつけて、ちょんちょんと置くようにして重ねることで、肌トラブルを隠すことができます。『クレ・ド・ポー ボーテ ル・フォンドゥタン』は塗り方を工夫することで、冬の肌に血色感をもたらしてくれるのです。

タイトルとURLをコピーしました