【お尻の形別】出っ尻さんにオススメのズボンを教えて!

ファッション

出っ尻で悩んでいる方は、ズボンをはくとお尻周りの大きさが強調されてしまい、困ってしまう事もあるのではないでしょうか。適した形のズボンの形を取り入れて、よりスタイル良く見せていきましょう。今回は出っ尻におすすめのズボンのデザインをご紹介いたします!



出っ尻さんにオススメのズボンの形を教えて!



腰回りにタックの入ったパンツ


出っ尻の場合には、腰回りにタックがある形のタックパンツがおすすめです。腰回りをぴったりさせてしまうとパンパンに張っている印象を与えてしまいがちなので、タックでゆとりを持たせるということが必要になってきます。生地が厚すぎて張りのある物だと余裕が生まれにくいので、柔らかく伸びの良い生地を選んでいくのもポイントです。

タック入りパンツのメリット

タックでさりげないゆとりが生まれる

全体的にゆとりがあるシルエットのズボンでは、だらしない印象に見えてしまったり、全体的に太く感じさせてしまうということになりかねません。出ている部分はゆとりを持たせつつ、そうでない部分はタイトに見せていくために、タックがあるデザインが役立ちます。ウエスト回りなど比較的細い部分は細く、腰回りの最も太い部分はゆとりが出るという形でメリハリが付きます。それが全体のスタイルを良く見せてくれることにつながるのです。

動きやすさにもつながる

大きなお尻が気になって出来るだけタイトにまとめたいと思い、細めのシルエットのズボンをあえて選ぶ方もいるでしょう。しかし、その場合には動きにくくなってしまいます。立ち座りするときに支障が出たり、必要以上に締め付けてしまう事によって血行が悪くなったりということになると、生活や仕事にも問題が出てしまうのです。下半身や腰回りは特に日常の中でよく動く部分なので、ゆとりあるシルエットで動きやすさという点も重視して選ぶのがおすすめです。

濃いめの色や素材を選べば引き締め効果も

ズボンの色は濃い目のものを選んでいきましょう。タックがあることで広がってしまいがちな腰回りも引き締まって見えます。また、柔らかい素材の物であれば体のラインを拾いにくく、視覚的に細く見せることも可能になるのです。実際にサイズダウンをすることが難しくても、このように色や素材を選び、自分の体に合った形にしていくことによって理想のスタイルに近づけることが出来ます。

ファッション
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました