【お尻の形別】四角尻さんにオススメのズボンを教えて!

ファッション

安産型とは言うものの、その実腰回りがどっしりとした印象を与えがちな四角尻さん。今回は、そんな四角尻さんの悩みをカバーできるズボンの形を紹介します。



四角尻さんにオススメのズボンの形を教えて!



ミドルライズ&大き目ポケットで視覚効果


どっしりとした四角尻をカバーしつつ、お尻を小さく見せる効果のあるパンツのデザインをうまく取り入れることで視覚効果狙いましょう。ここでのポイントは①大き目ポケット②ミドルライズのデザイン③小物を使うの3つです。ポケットの位置、股上、それにポイントとなるウエストの切り替えなどの視覚効果を用いることにより、四角尻でも格好良くパンツを履きこなす事ができます。要するに、如何に視線を惑わすかが鍵となるのです。

3つポイントについて解説!

①小尻効果が期待できる大きめのお尻のポケット

四角尻さんがズボンを選ぶ際に注意したいのが、お尻のポケットの位置です。お尻よりも少し上の位置にあり、大きめのポケットのデザインを選ぶことにより、どっしりとした四角いお尻をキュッとした小尻に見せる効果を発揮してくれます。逆に、ポケットが小さかったり、位置が下にあるデザインはどっしりとしたお尻を強調することになるので要注意です。小尻効果を期待するなら、ポケットの大きさと位置には十分にこだわりたいところですね。

②お尻を程よくカバーするミドルライズ

四角尻にぴったりなのは、ミドルライズです。ミドルライズはお尻を程よくカバーしてくれて、それでいながら股上が深すぎないので、お尻の大きさを視覚的に調節することができる、まさに四角尻さんにとって盤石とも言えるデザインです。今流行りのハイライズは、どちらかと言うと四角尻さんには鬼門であり、お尻のラインを強調してしまうので避けたほうが良いでしょう。

③小物でウエストの切り替えでどっしり感を軽減

ベルトやリボンなどのウエストの切り替えや、ウエストのマーキングをフル活用することでどっしりとした四角いお尻をうまくカバーする事ができます。ベルトがあることにより、ウエストのマーキングができます。高い位置でマーキングすることで、足を長く見せ、お尻を小さくする視覚効果が生まれるのです。人気のワイドパンツは四角尻にとってはさらにお尻を大きくしてしまうアイテムですが、ウエストにリボンやベルトの切り替えがあるものを選べば問題ないですよ。

ファッション
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました