飲む日焼け止めってどんなもの?

ビューティー

紫外線の影響は肌の日焼けだけではありません。目から吸収されたり、髪の毛に影響を与えたりと、生活していくうえでいろんなダメージを負うことも・・・。そこで飲む日焼け止めを毎日のケアにとり入れることで簡単に紫外線から全身を守ってみませんか?メリットもたくさんありおすすめの商品なんです!



飲む日焼け止めってどんなもの?



日焼け止めを塗らなくても、紫外線から全身をケアできる。

洗濯物を干したり、ちょっとゴミ出しに行くときにもたくさんの紫外線が降り注いでいます。ちょっとそこまでのために帽子をかぶったり、サングラスをかけたりするのは手間ですよね。そこで飲む日焼け止めを毎日の習慣にすることで、紫外線による日焼けを気にせずに思い切り毎日を楽しむことができますよ。また肌が弱くて市販の日焼け止めが使えない人にもおすすめです。

飲む日焼け止めに出来ること

①見えない部分の日焼けを防ぐ

飲む日焼け止めは、露出している肌以外の部分にも効果があります。例えば、白っぽい服は紫外線を通しやすいという特徴があり、服を着ていても全身が日焼けしやすいものです。だからといって黒い服は熱を吸収するため、真夏には体感的に暑さを感じやすいです。飲む日焼け止めを服用していれば、白くて涼しげな素材の服を着ていても日焼けを防ぐことができるメリットがあります。

②肌の弱い人にも安心

一般的な肌に直接塗る日焼け止めは肌への負担が大きく、敏感肌の人が利用すると、逆に肌荒れを起こしてしまう可能性があります。また、水や汗に強い日焼け止めは、落とすときに肌をこすってダメージを与えやすいものです。飲む日焼け止めであれば、肌の敏感な人でも使うことができ、日焼け止めの落とし残りを気にする心配もありません。

③塗り忘れがない

いくら気を付けて日焼け止めを塗っていても、どうしても塗り残しが出てしまうことはありますよね。サンダルから出ている足の甲や自分で見られない背中の一部分など、その部分だけ真っ赤に日焼けしてしまったという経験はないでしょうか。飲む日焼け止めは体の内側から効くため、安心して外に出ることができそうですね!

④シミやしわ対策にもなる

飲む日焼け止めは、一年中服用することができます。わたしたちは冬の間でも紫外線を浴び続けているため、服用を続けることでシミやしわの予防にもつながります。飲む日焼け止めは短時間だけの効果のタイプと、毎日継続できるタイプの両方が販売されているので、自分にあった方法を選ぶことができるのが魅力です。

タイトルとURLをコピーしました