夏の紫外線から頭皮を守る方法は?

ビューティー

夏の強い紫外線は、素肌だけでなく頭皮にも降り注ぎます。紫外線によるダメージはできるだけ避けて通りたいですよね。実は、あるアイテムを使えば頭皮を保護することが可能です。



夏の紫外線から頭皮を守る方法は?



日傘を使いましょう!


夏の紫外線から頭皮を守るには、日傘が有効性の高いアイテムです。特に黒など色が濃い日傘を選ぶと、よりUV効果が高まります。ただし日傘に施されているUV加工は、一生効果が持続するというわけではありません。継続して効果を得るには2、3年を目安に買い替えましょう。紫外線は、少しでも浴びると悪影響を受けます。長時間外に出る時だけでなく、少しの時間でも手を抜かずに対策をしましょう。

頭皮を紫外線から防御するために日傘を使うメリット

薄毛や白髪の進行を防ぐ


夏の時期に過度の紫外線に頭皮が晒されると、毛を再生する毛母細胞、髪を黒くする細胞が大きなダメージを受けることになります。その結果、ヘアサイクルが大きく乱れて抜け毛や薄毛、白髪の原因になってしまうのです。特に髪の毛の分け目は紫外線から大きなダメージを受けやすいため、抜け毛や白髪がかなり目立ってしまいます。ただ日傘で保護すれば細胞がダメージを受けることなく、きれいな髪の毛を保つことが可能です。

頭皮の嫌な臭いを防げる


そもそも人間の頭皮には、空気中に漂っている埃、紫外線など外部からの刺激から頭皮を守るバリア機能が備わっています。しかし、夏の時期に紫外線を浴びすぎてしまうと、頭皮のバリア機能が正常に働かなくなってしまうのです。その結果、頭皮の水分が蒸発して乾燥が進行しやすくなり、フケやかゆみ、嫌な臭いが誘発されてしまいます。しかし、日傘を日常的に差すことで臭いが発生するのを防止できます。

切れ毛を防止できる


髪の毛は、さまざまなアミノ酸が結合した「ケラチン」というたんぱく質でできています。しかし、紫外線が髪に照射されると、ケラチンが破壊されてキューティクルが剥がれ落ちていきます。キューティクルには髪を保護する役割がありますが、それがなくなるために枝毛や切れ毛、パサつきなど色々なトラブルが発生するのです。ただ日傘で髪を保護することでキューティクルを守り、髪の毛を健康な状態にキープできます。

ビューティー
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました