乾燥肌さんが気を付けたい肌トラブルって何?

ビューティー

女性の肌トラブルには色々な種類がありますが、乾燥肌さんは1年中悩みを抱えている方も多く、特に冬は肌の乾燥トラブルが悪化しがちです。そのままにしておくと深刻なトラブルへとつながってしまう可能性も…。今回は、乾燥肌(ドライ肌)さんが気を付けたいお肌トラブルと防ぎ方を紹介します。



乾燥肌さんが気を付けたい肌トラブルって何?



肌のつっぱりやゴワゴワ感・かゆみ・あかぎれ・乾燥性皮膚炎に注意


乾燥肌さんは1年中さまざまなトラブルを抱えがちです。夏はエアコンによる乾燥、冬は空気が乾燥しており否応がなしに肌もより一層乾燥します。手を洗ったり、水に触れただけで肌が乾燥し白く粉をふいたり、それが積み重なるとあかぎれを起こし痛みを感じる場合も。
入浴後などは体の一部だけではなく、顔や体全体がつっぱったり、ゴワゴワし、かゆみを伴うような肌トラブルを起こすこともありますね。
また、肌の持っているバリア機能も低下している状態ですので、ニキビや湿疹などにも繋がりやすくなっています。乾燥性皮膚炎など慢性的な症状にもなってしまうことあるため、日々きちんとケアすることが重要です。

乾燥肌の原因と対策

乾燥肌の原因

健康な肌であれば水分と皮脂で構成されて皮脂膜が作られて肌を守っています。しかし、紫外線や摩擦によるダメージ、ストレスや生活習慣の乱れなどの要因によって肌内部のバランスが崩れると水分が失われて、皮膚組織のキメが荒くなって赤みが出てきたり、肌全体がつっぱりやすくなるなどのトラブルを引き起こします。
一時的なものであれば不快感や軽く粉をふく状態になりますが、超乾燥肌という状態になると酷い不快感と強いつっぱり感、皮膚が剥がれたりひび割れる、肌荒れやあかぎれ、かゆみや痛みなどのトラブルが発生します。
このような状態を避けるためにも、毎日のスキンケアは重要です。

乾燥肌の防ぎ方

年齢に伴い水分や皮脂の量は減っていくため、年を重ねれば重ねるほど、どうしても乾燥肌になりやすいとされています。
それを避けるためには毎日スキンケアする必要があり、クレンジングは必要な皮脂を落としすぎないように低刺激なものを使用するように心がけましょう。
肌のバリア機能を損なわないためには低刺激なソープフリーの洗顔料で、擦らないように優しく洗顔するのもポイントです。
洗顔後は、保湿タイプの化粧水やクリームを使って肌を保護します。ヒアルロン酸やセラミドなどの高保湿成分が配合されているものが良いとされています。
また、肌に十分な潤いを与えるためには、体の内側から水分を補給することも大切です。そのためには十分な量の水分を取ることが必要で、1日1.5リットルの水を飲むようにすると効果的です。ただし、コーヒーなどは利尿作用があるため逆に水分を逃してしまうため飲む物にも注意していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました