蒙古ひだって何?

ビューティー

みなさんは蒙古ひだをご存知ですか?瞳の大きさや一重・二重の違いの他に、蒙古ひだも目の印象を大きく左右します。蒙古ひだの意味を正確に知っておくことで、メイクをする際にも役に立ちますよ~!

蒙古ひだとは目を保護するまぶたの中でも、特に目頭の部分を保護する皮膚のことです。東洋人は一般的に西洋人と比較して、この蒙古ひだの部分あるということが、目全体の特徴を形づくっています。蒙古ひだがある分、目頭の部分が皮膚に大きくおおわれてしまうので、目全体が小さく見えるのが特徴です。東洋人の目が小さく見えるのは、この蒙古ひだの存在が大きく影響しています。

蒙古ひだはまぶたの他の部分と同様に目を保護するために発達した器官です。蒙古ひだが目頭の上をおおっていることで、目頭の部分にごみやほこりが入るのを防ぐことができます。ですが蒙古ひだは人種によってその大きさが異なっているのが特徴で、同じ成人の女性でも、東洋人と西洋人では全然違います。西洋人の場合には、この蒙古ひだが発達していない人が多く、その分東洋人よりも目がぱっちりとした印象になっています。

蒙古ひだが発達した人が多く見られる地域は、特にアジアに広く分布しています。日本をはじめとして朝鮮半島や中国にも多く、さらに中央アジアにも蒙古ひだが発達した人が多く生活しています。これらの人たちに共通している外見上の特徴は、目が小さく見えることです。目の大きさ自体は西洋人も東洋人もあまり変わりはなくても、蒙古ひだがあることによって、その分目全体が小さく見える傾向があります。

蒙古ひだは目を外部の刺激から守るうえで重要な役割を果たしているのですが、目頭をまぶたでひろくおおってしまうので、目をできるだけ大きく見せたい女性にとっては厄介な代物でもあります。ですがメイクの方法を工夫することで、蒙古ひだがある女性でも目を大きく見せることが可能です。特に効果的な方法として多くの女性に人気があるのがアイラインを入れるメイクです。蒙古ひだでおおわれている目頭の部分に長めのアイラインを入れることで、皮膚の下に隠れている部分をカバーして、目全体を大きく見せることができます。ラインを引くだけで目を大きく見せられる手軽さも人気の理由です。

参考:ナカモトフウフ.

タイトルとURLをコピーしました