まつエクが取れない洗顔方法は?

ビューティー

まつエクをした後に注意をしたほうが良いのが洗顔です。洗顔方法を間違えばせっかくのまつエクが取れてしまって、もったいないですよね。そこで、まつエクをした後の正しい洗顔方法についてご紹介いたします!



まつエクが取れない洗顔方法は?




低刺激の洗顔料でたっぷりの泡を立て優しく洗いましょう



刺激が弱いタイプの洗顔料を用意して洗顔をします。洗顔ネットなどを使いしっかりと泡立ててから、泡立てた洗顔料を顔に乗せます。乗せる時には、目元には指が触れないように気を付けて乗せましょう。そして、撫でるように洗います。水を手のひらにすくい、そっと優しく洗顔料を洗い流しましょう。洗顔の後でタオルで拭く時には、そっと押し当てるようにして水分を拭き取ってください。


まつエクは、グルーと呼ばれる接着剤を使います。グルーはオイル成分や熱にとても弱い接着剤なので、洗顔料にオイル成分が入った物や、お湯での洗顔は向きません。また、刺激にも弱いので洗顔をする時は泡だけを乗せて、指でこする事は厳禁です。そして洗顔後にタオルで拭く時に注意が必要。こするとまつエクが取れてしまうので気を付けましょう。特にまつエクをしたばかりはグルーがまだ完全に乾いていません。一般的には5時間と言われていますが、洗顔は完全に乾く12時間後まで待ったほうが良いでしょう。

正しい洗顔をするメリット

まつエクが長持ちする


まつエクは本数によって多少違いはありますが、2週間から3週間長持ちします。正しい洗顔方法を行う事により、まつエクを長持ちさせる効果があります。まつエクはとてもデリケートに出来ているので、僅かな刺激でもすぐに外れてしまいます。せっかく費用とお金をかけて完成したまつエクです。正しい洗顔方法を行う事は単にまつエクを長持ちさせるだけではなく、綺麗な状態を維持する事が出来るのです。

目のトラブル防止

まつエクは些細な刺激でも外れてしまいます。その時に、外れたまつエクが目の中に入ってしまうというトラブルも考えられます。外れたまつエクが目の中に入ってしまうと、強い痛みを感じるだけではなく、角膜に傷が付いてしまう可能性があります。角膜に傷が付くと、そこから細菌や雑菌が入り込み感染症を引き起こす事が考えられます。まつエクをした後に正しい洗顔をするという事は、目のトラブルを事前に防止する事に繋がります。

タイトルとURLをコピーしました