目の白い部分をキレイにする方法が知りたい!

ビューティー

目は人と相対するときに最も注目される部分のひとつです。白目の部分がキレイだとその分、目の印象も美しくなり目元全体の印象をアップすることができますよ。今回は白目をきれいにするための方法をご紹介します。



目の白い部分をキレイにする方法が知りたい!



目を紫外線や汚れから守りしっかりと保湿&マッサージ


目はとてもデリケートな部分ですね。特に目は起きている間じゅう、モノを見たり、スマホなどの画面を見たり、何かを見て酷使しています。白目の部分も疲れてくると充血したり、ドライアイで乾いたり、濁りが出てきたりと様々な症状に見舞われがち。そのままにしておくと、目を保護する機能が落ち、黄色くなったり、白内障、緑内障など目の病気に繋がることも…。今から目を大切にケアすることは将来の目にとっても大切なことですね。特に白目をキレイに改善させるためには、目の周囲の汚れが入らないようにし、目をしっかりと保湿することが重要になってきます。日ごろから日傘やサングラスをしつつ、目の内側のアイメイクを避け、目薬などで保湿します。いくら目のケアをしても生活習慣が乱れていると、効果は半減します。今一度自分の生活を見直し、生活リズムの整った健康的な生活を送ってみましょう。

白目の充血の原因

白目の部分がきれいに見えないのは、白目の部分が充血していることが原因の一つにあげられます。目の充血は、目の酷使と外部からの刺激や病気によって起こります。眼精疲労や炎症など、一言で「充血」といってもその原因はさまざまです。

目の酷使

充血の原因の一つである、目の酷使。パソコンや細かいものを見続けていることによって、目を酷使し続けると疲れた目にしっかりと栄養や酸素を行き渡らせようとして血管が拡張します。それによって充血を起こすのですが、生活習慣や食生活などが乱れ、体の中の血液の流れが悪いと、より一層体は必要以上に血管を拡張し目の血管を膨らまします。
目をきれいに見せるためには、まずは生活習慣を改めて血流をよくすることが必要となります。睡眠を十分にとり、食生活を整えれば血流が回復して、目の充血が薄くなりますよ。

外部からの刺激

目の充血の原因は、体内の原因以外にも外的要因が関係していることがあります。紫外線や大気汚染、アレルギー源、汗などが眼球に触れて、結膜に傷がついたり、炎症を起こし充血している場合も。そのため、日傘や帽子、サングラスなどを使用するほか、顔の周りを清潔にして汗が目に入らないように気をつけましょう。目の保湿を十分に行って、外的要因が目に入ってもすぐに排出できるように整えると、白目がきれいに保たれますよ。

目の内側に行うアイメイクは、目を傷つけて充血させてしまう原因となる外的要因であるほか、時に涙腺をふさいでしまう可能性もあります。涙腺がふさがれてしまうと、目に汚れが入ってしまっても排除することができません。そのため、目の内側へのアイメイクはなるべく避けましょう。

白目のケア方法

保湿する

一番簡単に出来る対処法として目薬がオススメです。
目が痛む、充血する、乾燥しているなど、感じる症状も違います。目薬にも様々な用途、成分の違いがあるので、改善したい症状に合わせて目薬を選ぶといいでしょう。
また、目をまるごと洗えるような目の洗眼薬などもオススメです。
一日中使っている目は意外と汚れています。一日の終わりに、目についたゴミやほこり、花粉などを取り除いてあげるように、目を洗浄すると、とっても気持ちよく、白目も保湿されキレイをキープできそう。

マッサージする

白目をキレイに保つためには、眼精疲労などの目の疲れを取ることも大切ですね。目の周りの筋肉をほぐすように、一日2~3回、目玉をぐるぐると360度回転させてコリをほぐして血行を良くしましょう。
また、こめかみ、まぶた、目頭、目の下など、目の周りをそっと優しく指圧し、血行を良くしてみましょう。
時間がないときは、目をギュッと閉じてパッと開けるだけでも、疲れ目が少し解消されるような心地よさを感じますよ。
体のケアと同じようにホットアイマスクやクールアイマスク、目元のマッサージ機などを使って目のケアも大切に行ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました