秋にぴったり!ブルーベースさんにおすすめのチークカラーは何色?

ビューティー

秋はファッションだけではなくメイクにもこだわりたい季節ですよね。顔色が悪く見えてしまいがちなブルーベースさんは、チークの色選びを工夫することで血色の良い明るい顔色になれます。



秋にぴったり!ブルーベースさんにおすすめのチークカラーは何色?



シックな青みが強いベリー系


ブルーベースさんにおすすめの秋のチークカラーは、青みが強いベリー系です。青みを帯びた透明感のあるブルーベースさんの肌には、同じく青みを帯びた色のベリー系がよく馴染みます。春のファッションには元気でポップな雰囲気のピンク系が映えますが、秋のファッションには少し大人っぽくてシックな雰囲気のベリー系が最適です。

青みが強いベリー系を取り入れるメリット♪

① ブルーベースさん特有の肌の透明感を際立ててくれる

一歩間違えれば顔色が悪く見えてしまうブルーベースさんの肌ですが、ベリー系のチークをのせることで顔色が一気に明るくなり肌の白さや透明感も際立ちます。顔色が良く見えるというのが、ベリー系チークの最大の特徴であり、魅力やメリットでもあります。頬の高い位置にふんわりと馴染ませると、内側からにじみ出るような血色の良いナチュラルな肌に仕上がります。

② 人気のカラーなので選択肢が多い

ベリー系は秋のチークとしては普遍的な人気を誇るカラーであるため、毎年色々なコスメブランドから様々なベリー系の秋チークが市販されます。選択肢が多く、自分の肌の色や好みにぴったり合ったベストなものを見つけることが出来るというメリットもあります。かわいらしい印象に仕上げたい場合はピンクが強めのベリー系を選び、クールな印象に仕上げたい場合はパープルが強めのベリー系を選ぶのが良いでしょう。

様々な形状のものを使い分けるのがおすすめ


肌馴染みが良くてナチュラルに肌に溶け込むリキッドタイプ、狙ったポイントに確実に馴染ませることが出来るクリームタイプ、ブラシでふんわりとのせることで柔らかい印象になるパウダータイプなど、チークには様々な形状なものがあります。これらを使い分けることで、ベースメイクの可能性は広がります。リキッドファンデーションで潤いとツヤに満ちた肌にしたい場合はリキッドタイプが最適ですし、チークを際立たせたい気分ならクリームタイプのチークを指でポンポンと置くようにして馴染ませるのがベストです。パウダーファンデーションとの相性が良いのは、パウダータイプのチークです。

タイトルとURLをコピーしました