夏疲れの影響で秋にでる肌トラブルは何?

ビューティー

夏の疲れを引きずっている秋は、肌トラブルも起こし易くなります。実は早めの対処が必要なんです。そこで今回は、秋の肌のケア方法について紹介します。



夏疲れの影響で秋にでる肌トラブルは何?



気温が低くなると一気に進む乾燥


秋の肌トラブルで厄介なものと言えば、乾燥です。夏に水分が失われた肌は、秋になり気温が低くなると、一気に乾燥を進めます。肌の表面がかさつき、乾燥が気になる場合もあれば、肌の内部で乾燥を引き起こすインナードライになり、乾燥には気付けないこともあります。乾燥は放っておくと様々な肌トラブルを引き起こしてしまうので注意が必要です。

ケアのポイント♪


秋の乾燥肌対策には、やはり保湿が欠かせません。夏に失われた水分を取り戻し、肌の奥深くまで、しっかりと保湿することが大切です。

①保湿成分の入った化粧水を使おう


失われた水分を補うためには、化粧水が大切です。けれど、乾燥しがちだからといって、使う量を増やしただけでは乾燥対策にはなりません。肌が蓄えられる水分量は決まっているので、化粧水の量を増やしても、一定量を超えると無駄になってしまいます。それよりも、保湿成分が入った化粧水を使うことが鍵になります。肌に入った水分を内部にとどめてくれる効果を期待出来るので、乾燥している肌にはピッタリですよ。

②保湿力の高いクリームを使おう


化粧水で水分を補ったら、クリームで蓋をして、水分を肌にとどめておくことが欠かせません。乾燥しているからといって水分だけを補っても、油分がないとせっかく肌に入れた水分が蒸発してしまいます。また、乾燥は水分不足だけでなく、油分不足でも引き起こされます。保湿力の高いクリームを使って、しっかり油分を補い水分と油分のバランスを整えることが大切ですよ。

③集中ケアの出来るマスクを使おう


秋の保湿対策として週に1度は取り入れたいのがマスクです。保湿成分が高濃度で配合されているものも多く、普段では行き届かない部分まで、しっかりケア出来るので効果的ですよ。ただし、マスクを使用する場合、使用時間に注意することが欠かせません。どんなに優れた成分が配合されたマスクでも、推奨されている時間よりも長く放置することは逆効果と言えます。マスクから水分が蒸発してしまったり、肌が乾燥し易くなってしまったりするなどの弊害があるので、しっかりと時間を守ることが大切です。
ないものはない!お買い物なら楽天市場

タイトルとURLをコピーしました