秋の紫外線対策方法は?

ビューティー

暑い夏が終わり秋に入ると気温が下がるため、紫外線対策をおろそかにしてしまいがちです。しかし紫外線はシミやたるみの要因になるので注意が必要ですよ。ここでは、秋の紫外線対策をご紹介していきます。



秋の紫外線対策方法は?



秋も日焼け止めをしっかりと塗ろう!


真夏の時期は太陽が真上にありますが、秋になると太陽は斜め上から降り注ぎます。つまり、帽子や日傘だけでは紫外線から肌を防御することができません。したがって、秋の時期は日焼け止めをきちんと塗布して対策をする必要があります。時間が経過すると効果が薄れるので、数時間ごとにこまめに塗りなおすと良いでしょう。

秋に使う日焼け止めを選ぶポイント♪

①洗顔で洗い落とせる日焼け止め


秋に使う日焼け止めを選ぶポイントは、洗顔料や石鹸で簡単に落とせるものを選ぶこと。秋の時期は、真夏に浴びた紫外線の影響で肌の免疫力が低下している可能性が高いです。したがって、クレンジングで落とす日焼け止めを使う場合、皮膚を擦ることになるのでさらにダメージを与えてしまいます。肌に大きな負担となり、乾燥や肌荒れなどの症状が出る恐れがあります。ですから、お店で購入する際は必ず石鹸で簡単に落とせるかどうかをチェックしましょう。

②保湿成分が入っているものを選ぶこと


秋になると、夏に比べて気温や湿度が一気に下がっていきます。つまり、皮膚の水分が失われやすく乾燥しやすい環境になるわけです。さらに、真夏にたくさんの紫外線を浴びていると肌が疲れている状態なので、外部からのダメージを受けやすくなります。そのため、なるべくセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷりと配合された日焼け止めを選ぶようにすると良いです。

③SPFの低いものがおすすめ


秋に紫外線対策を行う際は、SPFが10から30くらいの日焼け止めが最適です。絶対に日焼けをしたくないからといって、SPFが50以上の強力なものを購入する人も少なくありません。しかし、SPFが高いと肌にかかる負担が大きくなることから、肌荒れの原因になります。したがって、買い物や通勤、通学など短時間だけ外出する際は、それほど強い日焼け止めを使う必要はありません。ピクニックやハイキングに出かけるなど外出する時間が長い場合を除いて、なるべくSPFが低いものを使いましょう。

ビューティー
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました