自然すぎてばれないカラコンの選び方は?

ビューティー

学校や職場で自然で可愛い瞳でいたい、と思ったことはありませんか?たくさんの種類があるカラコンの中からどれを選べばいいかわからないという方のための選び方をご紹介します。



自然すぎてばれないカラコンの選び方は?



自分の元の瞳に近いカラコンを選ぶ


自然なカラコンを選ぶポイントは、とにかく自分の元の瞳に近いカラコンを選ぶことです。カラコンの販売サイトを見てみると、着色直径やフチの有無、レンズの色やデザインなど、迷ってしまう原因ともなるたくさんの情報が詰め込まれています。その中から自分の瞳の魅力がグンとアップするような、理想にぴったり合ったカラコンをゲットしましょう。

カラコンを選ぶ時のポイント♪

①着色直径の小さいもの

カラコンにはレンズ直径(DIA)と着色直径が情報として記載されている場合が多くあります。ここで確認するのが着色直径です。
レンズ直径はレンズそのものの大きさ、着色直径はその中でカラコンの役割を果たす色がついている部分の大きさです。この着色直径の大きさが瞳の印象を与える役割をしています。日本人の黒目の平均の大きさは11mm~12mmであると言われています。そのため、13mm前後のものを選ぶことで、自分の瞳をナチュラルで可愛い瞳にしてくれます。

②縁がないもの

カラコンの中にはレンズのフチがはっきりとあるものがあります。しかし自然な瞳にはフチなんてありません。そこで、通販サイトで探す場合には絞り込み検索で「フチなし」を選択するのがおすすめです。また、レンズのデザインも、シンプルなデザインから柄がはっきりと入った派手なものまでたくさんあります。その中から派手すぎず、ナチュラルなデザインを選ぶことで、自然に近いカラコンに出会うことができます。不安な方はインスタグラムなどのSNSでハッシュタグ(カラコンの商品名)を検索してください。実際にカラコンを使った方の感想と装着画像が載っていることも多いので、参考にすると良いですよ!

③レンズの色をチェック

レンズ色は本当に多種多様です。色だけ見ても、明るいブラウンからブラック系など微妙な違いですが、何十種類という色が並んでいることでしょう。そこで選ぶ基準にしてほしいのが、自分の瞳です。例えば元の黒目の色がブラウン系なのにブラックの色味が強いカラコンをしていたら、普段顔を合わせている人はあなた目に対して、違和感のような不自然な印象を受けます。できるだけ自分の瞳の色に近いものを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました