【メイク方法】顎が長い…。しゃくれてる…。ポイントメイクで小顔美人になろう!

ビューティー

人の顔のタイプは様々ですが、「顎が長い」「面長」「しゃくれてる」などということがコンプレックスになっている方がいます。コンプレックスである顎の長さは、メイクや髪型によって短くみせることが可能です。そんな顎の長さコンプレックスを解消するメイク方法をご紹介します。



顎が長い人が、顎を短く、小顔に見せるメイク方法は?



顎から視線を外すことがポイント!

顎の長さをカバーするメイク方法は、顎から視線を外すことが基本です。
シェーディングやハイライトをつける場所に注意したり、アイメイクやチーク、リップの色などを工夫することで顔に色の濃淡をつけ立体感を出し、顎から視線を外すことが可能です。
ただし、やりすぎてしまうと不自然になってしまうため自然に見えるようメイクするということを心がけましょう。

イラスト付きで解説♡

シューディングとハイライトのポイント

顎の長さを緩和するシューディングは、小鼻の周りに入れることがポイントです。横の面積を広くみせる効果があります。顎の下に濃いめに入れることで影を作り、フェイスラインを誤魔化します。
ハイライトはあまり使わないのもポイントです。鼻筋を目立たせないようにすることで縦の長さを強調しないように工夫します。どうしてもハイライトを入れたいなら眉間に少し入れる程度すると縦のラインが目立たなくなります。

アイメイクとチークのポイント

メイクをするときに注目される一つがアイメイクです。アイラインを引くときには中央を太めに、外ハネ気味に書くことで目の丸みと横幅を強調することができ、マスカラもなるべく横幅が広くなるようにします。また、アイシャドウは肌馴染みの良いブラウンが骨格修正には最適です。


チークは横に丸く入れるように心がけます。縦長やシャープな入れ方をしてしまうと、顎に視線が行きやすくなります。横に丸く入れることによって可愛らしく柔らかい雰囲気が作れます。

リップのポイント

顎の長さをカバーするためのメイクのポイントとして最も重要なのがリップです。顎が長い人のメイクはできるだけチークを薄めに、リップを目立たせるようにすると良いとされています。
濃い色のリップにグロスで艶やかにするなどの工夫をすることがオススメです。つまり、顎に視線が行かないように唇に視線が行かないように誘導することがポイントとなります。
また、上唇を少しオーバーにラインをとることで鼻と唇の距離を縮めるというのも効果的です。

あなたにおすすめの記事

 

タイトルとURLをコピーしました