【面長】コンプレックスを隠して、憧れ小顔に!正しいシェーディング方法は『横』を意識する

ビューティー

縦に長くのっぺりとした印象になりがちな面長さん。
小顔メイクに人気のシェーディングですが、使い方を間違えてしまうと、面長印象をさらに助長させてしまう可能が…。
面長さん必見!シェーディングとハイライトのコツについてご紹介していきます。



【面長】小顔に魅せるシェーディング方法って?



シェーディング&ハイライトで横方向を意識


面長さんの場合、縦に長い印象をカモフラージュするべく、「横方向に長さを出す」メイクが必要になります。
シェーディングでは、一般的な顔の輪郭には使用せず、顔の上下(額・顎)部分。
直線的な印象を与えてしまうノーズシャドウも、上手に使わないと逆効果になりかねません。
シェーディングを際立たせるハイライトやチークも、横方向を意識した配置にすることで、全体で見たときにバランスの良い黄金比を目指していきます。

シェーディング&ハイライトのポイント♪

横を意識したシェーディングが鉄則


面長さんの場合は、縦が強調されてしまうため、側面にシェーディングを使う方法はNG!
横幅ではなく、縦幅を削るイメージで上下から挟むように使用するのが正解になります。
おでこ中央〜こめかみ、できれば髪の毛の生え際に自然になじむように色を乗せて行きましょう。
最後に顎サイド(裏ピースをしたときに当たるV字になる箇所)に色を乗せ、キュッとした印象に。
上下にシェーディングすることで、縦幅の印象を縮めることができます。

間違いやすい!ノーズシャドウの入れ方

ノーズシャドウを鼻筋に沿って眉頭〜鼻先まで一直線にがっしりと入れている方、要注意です。
この方法だと、より縦のイメージが強くなり、逆効果になりかねません。
眉頭に沿って軽く入れる程度、鼻筋に沿ってのシェーディングは極薄めから、小鼻の周りだけにして鼻幅をカモフラージュするといった使い方をしてみましょう。
こうすると、鼻のIライン(縦のイメージを強めてしまう)が大げさに強調されずに、理想的な鼻の形に仕上がります。

チークとハイライトで横方向への意識操作


顔が大きく見えないようにとチークを小さくいれてはいませんか?
かえって余白部分を目立たせて、お顔がアンバランスに見えてしまう可能性が高いです。
チークは涙袋の指一本分より下から、楕円を描くように横長に広めに入れてください。
頬骨に沿わせながら横方向を意識して、眉尻当たりまで広く塗っていきます。
ハイライトは、目の下・鼻筋トップに入れて、中央・横方向へと印象を操作。
見た目バランスを整えると◎です。

タイトルとURLをコピーしました