ストレス筋をほぐすマッサージ方法は?

ビューティー

食いしばるときの筋肉をストレス筋と呼びますが、ストレス筋が凝っているとエラが張ったりなどのフェイスラインの崩れの原因になります。それを予防するマッサージ方法をご紹介します。



ストレス筋をほぐすマッサージ方法は?



咬筋(こうきん)をほぐす

ストレス筋のコリをほぐすマッサージ方法ですが、咬筋(こうきん)という部分をほぐすマッサージが有効です。咬筋とは、下顎を引き上げるときに使う筋肉のことで、頬骨の下辺りの部分を指します。

①まず口を大きくあけます。
②咬筋の部分を指を使ってグリグリと回すようにマッサージします。
③最後に、耳の下から鎖骨の方へ、ほぐれたリンパを流してください。

マッサージは一度やったからといってすぐに効果が出ないことが多いですが、ストレス筋のマッサージは比較的1回でも効果を実感しやすいのが特徴です。マッサージ前と後を画像で比較してみたり、片方だけマッサージしてみて左右との違いを比べることで違いを実感しやすくなるでしょう。では、その効果とは具体的にどのようなものがあるのか代表的なものを紹介します。



マッサージの効果・メリット

①小顔効果

歯を食いしばることによってストレス筋は凝ってしまいますが、固まってしまったストレス筋によってエラが張ってしまいます。そのため顔が四角くなってしまい、顔が大きく見えてしまうのです。ストレス筋をほぐすことによって本来のフェイスラインに戻りますので、実質的に小顔効果が期待できるということになります。

②シワやたるみの改善

食いしばりはたるみの原因にもなります。これは、硬くなってしまったストレス筋によって周囲の他の筋肉が引っ張られてしまうからです。ストレス筋をほぐすことによって、周囲の筋肉の緊張も取れていくためシワやたるみの改善が期待できます。

③むくみの改善

顔がどうしてもむくんでしまうという人はストレス筋が凝っているかもしれません。ストレス筋が凝るということは、その部分の血流やリンパの流れが悪化しているということでもあります。血流やリンパの流れが悪化しているということは、顔の余分な水分や老廃物が顔に滞ってしまうということです。それがむくみの原因となっている場合であれば、ストレス筋をマッサージすることによって血流やリンパの流れが改善するのでむくみが改善します。

タイトルとURLをコピーしました