ふと眉の上手な描き方を教えて!

ビューティー

近頃流行っているふと眉。いざ挑戦してみても、ちょうどいい太さがわからずに、結局いつも通りの眉を描いてしまうことはありませんか?今日は上手なふと眉の描き方についてご紹介します。



ふと眉の上手な描き方を教えて!



ふと眉はアイブロウパウダーで描くのがコツ!


ふと眉をうまく描くコツは、はっきり描いてしまうアイブロウペンシルではなく、アイブロウパウダーを使うことです。パウダーを筆にとって、眉山から眉尻にかけて塗ります。次にもう一度パウダーをとり、眉山から眉頭にかけて塗っていきます。このとき自分の眉より気持ち太めにパウダーをのせます。最後に筆に残ったパウダーで眉頭を描きます。きりっとした印象を作りたい場合は、眉尻の部分だけペンシルを使ってシャープな線を引くとよいです。

ふと眉にするメリットって?

①流行のスタイルに印象チェンジ

いつもの服もふと眉にすることでぐっと今年らしい顔になります。お化粧で流行感を出したいなら、眉を変えるのがお勧めです。

②色の使い分けでさらに印象が変わる

ペンシルではなくパウダーを使うことで、ふわっとした仕上がりになります。このようなふと眉は髪の色より少し薄い色で描くと、ブラウス、スカートやパステルカラーによく合います。シャツやジーンズに合わせるふと眉は、パウダーの色を髪の色より少し濃いめにすると、はっきりしつつもいかにも描いた眉という印象を避けることができます。

③パウダーはペンシルより経済的

ペンシルって減りが早いと思ったことはありませんか?パウダーはペンシルより値段は少し高い場合がありますが、片眉あたり二回しか筆に取らないので、減りは遅いです。数色グラデーションで入っているものは、ノーズシャドウにも使えます。眉と鼻筋をはっきり際立たせたいときに使うと便利です。

④自分の顔を活かせるのがふと眉

自分のもともとの眉毛の生え方を活かしたほうが可愛く仕上がるのがふと眉です。太さも徐々に調節して、自分の顔にぴったりのふと眉を探しましょう。

⑤時短にもなる


ペンシルでは一本一本描き足すように描いていた方も多いかもしれませんが、パウダーはさっと広くのせればよいので、お化粧の時短にもなります。

タイトルとURLをコピーしました