アナタの印象がUPする!自撮りの時に自然な笑顔を作るコツ

ビューティー

写真を撮る時に自然な笑顔を作りたい!笑顔が上手く作れない…イマイチ…という方必見!自撮りの時に、自然に笑顔を作るコツを紹介します。



アナタの印象がUPする!自然な笑顔を作るコツを教えて!



目と口角が大切!


自然な笑顔を作るうえで大切なことは、口角を上げることと、目の魅せ方です。写真を撮る時に、口は笑っているけれど、目を大きく見開くようにして撮影すると、出来上がった写真はただ頬がこわばっているように見えたり、不自然な写真になりがちです。目は細くなることを怖がらずに、三日月目で柔らかく楽しそうな印象を与えましょう。目元がぱっちりしすぎているよりも、少し細くなった笑顔の方が好感を持たれやすくなりますよ。

自然な笑顔とは?

①口角を上げる

自然な笑顔のポイントの一つは「口角」
口角が上がっているだけで、印象は180度変わるといわれるほど!表情筋を動かして口角をあげてイキイキとした表情をキープしちゃいましょう!

NG例 口角が下がっている


ただ口を横に開き歯を見せようとすると、上の歯だけでなく下の歯までが見えて力み顔になり、口角が下がった印象になりやすくなります。

GOOD例 口角が上がっている


頬の表情筋までしっかりと動いて口角が上がっていると、表情自体が明るく、印象がガラリと変化しますね。
どうしても口角が上手に上がらないときは、頬を手でマッサージして、表情筋を柔らかくしてみたり、顔にギューッと力を入れてスッと力を抜いた後に、笑ってみると柔らかい口角が作れますよ。

目に柔らかさを出そう

NG例 眉毛を上げて額にシワが寄っている


目をぱっちり見せようとして、眉毛と額に力を入れると、おでこにシワができます。目の周りの眼輪筋という筋肉が衰えると、より眉毛と額の筋肉を使おうとするので注意しましょう。

NG例 目を大きく見せようとして目が笑っていない


目を少しでも大きく見せようとして目を見開くと、目だけが笑っていない、作り笑顔感が出て、楽しさや優しさが半減した印象になりがちです。

GOOD例 目が細くなることを気にしない!


目が細くなることを気にせずに、しっかりと笑った方がGOOD!クシャっとしている方が女性的な柔らかさや親しみを感じて、印象がUPします。

監修:杉山明子
オーラ美人研究家/美脚ポージング講師
1秒で見た目が変わる!美脚ポージング講座・オーラ全開プログラム・インフルエンサーコースなどオリジナルメソッドにて『年齢や環境を超えて自分を表現する楽しさ』を伝え『自信に満ち溢れ、エネルギッシュで、人生を楽しむ人を増やす』活動を全国で展開。
デトックスサロン Sharehapy を運営。

タイトルとURLをコピーしました