【顔型別】遠心顔さん向け!チークの入れ方での顔のバランスを整えるコツとは?

ビューティー

遠心顔さんは、チークを使って顔のパーツを中心に寄せるようにすると、顔のバランスが整って見えます。チークの入れ方次第で、グッと美人度アップ!遠心顔さんに多い離れ目もチークでカバーできますよ!遠心顔さんの顔のバランスを整えるチークテクニックを、顔型別でご紹介します。



遠心顔さんの顔のバランスをよく見せるためのチークの入れ方を教えて!



遠心顔さんのチークの入れ方は顔型によって違う!

一言で遠心顔と言っても、丸顔さんと面長さんではチークの入れ方は変わります。それぞれ印象も違うので、チークによって持ち前の印象を引き立てる方法も別。
顔のバランスを良く魅せながら、あなたが元々持っている個性も引き立てるチークの入れ方をマスターしましょう。

顔型別チークの入れ方とは?

遠心顔さんのチークの入れ方<顔が横長>


遠心顔で丸顔の人は、パーツが外側に広がり、かつフェイスラインに丸みがあるため、顔の大きさが横長に広がっています。顔のバランスを整えるために、チークで縦のラインを強調させましょう。チークは、横斜め上に向かって楕円形をイメージして入れると、シュッと引き締まったような顔立ちに。
チークの種類は、ツヤが出やすいクリームタイプがおすすめ。ツヤのあるチークで、立体感が生まれてのっぺり感のないメリハリのある仕上がりになります。
横斜め上に長めに入れるチークで、丸顔さんの持つピュアで可愛らしい印象が引き立ちますよ。

遠心顔さんのチークの入れ方<顔が縦長>


遠心顔で面長の人は、顔のパーツが離れて見えやすいので、チークで顔のパーツを中心に寄せるように見せると、バランスの良い顔立ちに仕上がります。
チークを横長に入れますが、入れる場所は黒目の下に人差し指を1本置いて間を作り、その下に入れるのがポイント。位置が下過ぎると、顔の縦長感が強調されるので要注意です。
ただ横長に入れるのではなく、ジェリービーンズの形をイメージして広げると、面長さんのシャープさが和らぎ、女性らしさの引き立つ仕上がりに。チークは中心部分に色をピンポイントで濃くのせるようにすると、顔の縦長ラインが目立ちにくくなります。

遠心顔さんにおすすめのチークの種類

チークの種類にもこだわってみましょう。
丸顔さんの横斜め楕円形に入れるチークには、ブラシで動きをつけやすいパウダータイプのチークがおすすめです。
ナチュラルメイクには血色よく見える透け感のある発色のものを。
しっかりメイクには、ラメやパール入りのものを使うと華やかです。

面長さんのジェリービーンズ型のチークには、肌馴染みよく自然な曲線を描きやすいクリームや、リキッドタイプのチークがおすすめです。
チークをのせた部分とのせない部分の境目をぼかしやすく、自然な仕上がりになります。


顔の形に合わせたチークを入れることで、遠心顔さんの顔のパーツが広がったぼんやりとした顔立ちがキュッと引き締まり、小顔効果も期待できます。
顔のバランスが良く魅えるだけで美人度もアップ!
自分の顔にぴったりなチークの入れ方をマスターしましょう。

タイトルとURLをコピーしました