赤ら顔のイエベさんにオススメ!コントロールカラーの色を教えて!

ビューティー

赤ら顔のイエベの人にとってどんな色を下地にしてカバーするかが悩みになりがちです。このパターンの人にオススメのコントロールカラーがあるのでメリットとともに紹介します。



赤ら顔のイエベさんにオススメのコントロールカラーの色を教えて!



ずばり!イエロー!!

赤ら顔の人のメイクではコントロールカラーとしてグリーンを使うのが良いと言われていますが、イエベさんの場合には緑が実はあまり合わない傾向があります。赤ら顔のイエベさんにはイエローをコントロールカラーにするのがオススメです。ベースと同じにするのが良いなんて本当なのかと思うかもしれませんが、他の色では納得できなかった人はぜひ一度試してみてください。

イエローをコントロールカラーにするメリットとは?

① グリーンのように暗くなることがない

赤ら顔の人のコントロールカラーとしてグリーンがよく用いられるのは赤を消す効果が高いからで、イエベさんでも確かに赤みは消せることが多いでしょう。しかし、赤と緑を混ぜると黒みがかかった色になってしまうということを知っている人もいるでしょう。結果としてグリーンでは肌のトーンが落ちてしまいやすいのです。イエローはもともと明るい色調なので上手に使えばトーンを上げつつ赤みもカバーすることができます。

② ベースのムラを無くしてくれる

イエベさんが特にイエローのコントロールカラーを選ぶメリットとして、自然な形で肌を美しくできることが挙げられます。肌が全体としてイエローベースであっても、どこも均一な色調ではない人がほとんどです。イエローの下地でムラを無くすことによって、特に化粧で手を入れているような印象を与えずに肌を美しく整えられます。赤みだけでなく黒ずみなども自然な形でカバーできるので、地肌がきれいと思ってもらえるようになるのがメリットです。

③ 赤みを自然に隠すことができる

赤ら顔のイエベさんなら赤みを最も自然にカバーできるのはイエローです。色調としても赤と黄色は近いことから調和性があり、やや赤みがかった顔という程度の人ならその赤みを生かすメイクもできるようになる可能性があります。しかし、グリーンほど赤みを消すことはできないので、赤みが強い人はイエローでは隠せないのではないかと思うかもしれません。しかし、少し工夫をすれば問題はなく、少しホワイトやグリーンを混ぜたイエローの下地にすることで自然な感じで赤みを隠せます。もともとの肌のベース色だからこそ少し下地の色に手を加えてもうまく調和するのです。

タイトルとURLをコピーしました