【美人黄金比】黄金比で、ナチュラルにかわいく♡美人に見える眉の黄金比率を目指す!

ビューティー

美人に見える為には黄金比が欠かせません。その中でも眉の黄金比は大きく影響します。ここでは、美しく見せる為に眉の黄金比とそのメイク方法をご紹介します。

眉の黄金比は特に大切!

黄金比は、メイクにおいて欠かせないポイント!この黄金比を実践できているか、できていないかでは、顔の印象が大きく変わります。さらに顔の中でも眉毛は、顔の印象を決める重要なパーツです。眉毛の黄金比をしって、美人度UPを目指しましょう♡

眉の黄金比のポイント!

眉の黄金比のポイントは3つあります。

① 眉頭を目頭の位置に合わせる。
② 眉山は、正面を向いた時の黒目外側から目尻の間につくる。
③ 眉尻は小鼻と目尻をつなぐ斜線を延長したライン上に作る。

この描き方が黄金比のベースです。左右の眉毛のバランスを見ながら、メイクするとより綺麗に見せることができます。眉をつくる時の目安として意識してくださいね。

https://www.qoo10.jp/su/431426553/Q135372775

ここは押さえたい!

眉頭が美人顔をつくる


目頭の位置に眉頭を合わせるだけでは美人には見えません。目安の位置を確認しながら、鼻筋と違和感なくつながる位置から描き始めるのがポイント。眉頭と鼻筋が自然な位置で流れるようなラインをつくることで、骨格がはっきりとして立体感がある顔をつくることができます。


また、眉頭はなりたい自分のイメージもつくる大切な部分で、左右の眉頭が近いか、離れているかで雰囲気がガラッと変わります。
キリッとした感じが良いならやや眉頭を内側に、
優しい印象が良いならやや外側に描くイメージを持つと良いです。

眉山が小顔に見せる


眉山は鏡を見て黒目の外側から目尻の間を目安につくります。しかし外側につくり過ぎると顔が平面的に見えてしまう上に、顔が大きく見える原因になるので注意が必要。また、逆に内側につくり過ぎると、眉全体が高い位置に見えてしまい顔が長く感じられてしまいます。眉山は目安の位置を間違えずにつくることで、顔に立体感を与え目をくっきりと見せるので、華やかな雰囲気を演出することができますよ♡

眉尻は顔のタイプで長さを決めて


顔が大きくて悩んでいる人や、丸顔の人など、顔の幅が広い人は小鼻と目尻のライン上よりもやや長めに眉尻を描くのがベストです。これにより、顔の広さをカバーし小顔に見せる効果があります。逆に、顔のパーツが大きくて悩んでる人など、顔の幅が狭い人は、短めに眉尻を描くがベストです。鼻や口が大きくて悩んでいる人にもおすすめの書き方です。顔の幅が狭い人が、眉尻を長く描いてしまうと顔に対して眉の大きさが際立ち、下がり眉にも見えるので注意しましょう。

ビューティー
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました