ニキビ跡の赤みを消す方法BEST5を教えて!

ビューティー

思春期や生活リズムの乱れなどが原因でできてしまったニキビは、正しい対処法を取り入れることで解消できます。今回ご紹介するのはニキビ跡や赤みを消す5つの方法についてです。

1位 洗顔によるスキンケア


清潔な除隊を保つことは肌トラブルを改善する上での基本対策となります。ニキビ跡、赤みも同様に、毎日の洗顔で綺麗な状態をキープし続けることで改善が可能です。

洗顔を行う上で力任せにゴシゴシと擦ってしまう人もいますが、こうした強い刺激は逆に肌トラブルを起こす原因となります。しっかりと泡立てた洗顔料で優しく肌を包み込むように汚れを落とすのがポイントです。

また、やり過ぎも逆効果となるので1日の回数を守らなくてはいけません。

2位 保湿によりコンディション調整


洗顔と並ぶ有効な対策が保湿です。保湿による肌のターンオーバーはニキビ跡、赤みの改善効果が期待できると言われています。

とはいえ、保湿と言っても市販されている化粧品を漫然と使い続ければ良いというわけではありません。人間が元々備えている保湿成分を壊さないようにすることが重要となります。

洗顔による汚れ落としの後に水分の蒸発を防ぐように蓋をするイメージで使うのがコツです。

3位 食生活の見直し


ニキビ跡、赤みというと肌に直接作用させる対策をイメージされがちですが、体の内側から変えていくことも重要となります。

その一つが食事による栄養補給です。皮脂の分泌を促す糖質や肉類ばかりを食べていると悪化を招く一方でいつまで経っても肌トラブルを改善させることはできません。

ビタミンやミネラルなど肌に良いとされる栄養素を積極的に取り入れていくことが肌トラブルの改善に繋がります。

4位 睡眠の質の向上


睡眠は人間の健康を保つ上で大事な役割を担っています。夜更かしによる睡眠不足を始めとした生活習慣の乱れは肌トラブルを悪化させる大きな原因の一つです。

ニキビ跡、赤みの改善には睡眠時間はもちろん、質そのものを向上させることが必要となります。より良い状態を作るには最低でも3時間前までに食事を済ませておくことを心掛けなくてはいけません。

そのほか、睡眠の1時間前にぬるま湯に浸かって体を適度に温めるのも効果的です。

5位 市販薬を塗布する


需要の増加と共にニキビ跡、赤みなどの肌トラブルの改善を目的とした市販薬が増えています。

市販薬を選ぶ時はより高い改善効果が期待できると言われる医薬品に指定されている物を選ぶのがポイントです。ただし、市販の薬による改善はあくまで現状の回復となります。

食事や睡眠などの生活習慣の乱れ、間違った肌ケアなどの問題が改善されなければ再び症状が現れるので薬だけに頼り過ぎないことが大切です。

ビューティー
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました