大掃除!キッチンを効率よくキレイにする方法教えて!

ライフスタイル

大掃除をするときに、キッチンはとても時間のかかる場所の一つです。少しでも効率よく掃除をしたいという方におすすめの手順をご紹介しますので、参考にしてみてください。



大掃除!キッチンを効率よくキレイにする方法教えて!



コンロ周りから始めて、シンクは最後に!

キッチンの大掃除は、コンロのような大物から片付けていくことがポイントです。はじめにシンクから手を付けてしまうと、他の物の水洗いを行ったときにまた汚れてしまい、二度手間になる可能性があります。

掃除のポイントと順番!

①五徳は浸け置き洗い

キッチン掃除で一番厄介なのが、ガスコンロの五徳です。昨今ではIHクッキングヒーターが主流になっているので、五徳がないという人は飛ばして読んでください。五徳を全て外した後、キッチンのシンクにお湯をはり、そこに重曹を入れ、その中に五徳を浸けこみます。浸けこんでいる間に五徳に付着した油汚れが剥がれやすい状態になります。この時間を利用して、コンロの拭き掃除などを済ませてしまいましょう。ある程度時間がたったら、五徳の汚れを落としていきます。使用済み歯ブラシなどを使用すると簡単に落とすことができますよ。

②排水口の掃除には使用済み歯ブラシを活用

五徳を洗い終わったら、シンクの重要な部分でもある排水口の掃除を行いましょう。排水口の掃除には専用のクリーナーを使用すると簡単にできます。ただし、それだけでは落としきれない汚れも多いので、ここでも使用済み歯ブラシが活躍してくれます。気になる部分を歯ブラシで擦れば手を汚さずにキレイにすることができますのでおすすめです。

③シンクは傷をつけないように丁寧に

キッチン掃除の最後を締めくくるのはシンクです。五徳や排水口をキレイにしたら、シンクを磨いていきます。クレンザーなどを使用すると傷がついてしまいますので、柔らかいスポンジを使用して洗うことをおすすめします。メラミンスポンジを使うと水垢をきれいに落とすことができますが、シンクがステンレス製(つやのあるもの)の場合は傷がついてしまう可能性があるので、要注意です。

タイトルとURLをコピーしました